わざわざ行きたくなる!大磯の古民家カレー屋さん「CHAIRO(チャイロ)」

ついに始まった夏本番。暑い日には「美味しいカレーを食べて元気、元気ー!」と、なりたいところです。しかし、何気に「子供がいると本格的なカレー屋さんってハードル高いよね」と思っていませんか?そこで、今月のママモアナでは夏休みに子供と一緒に楽しめる「キッズメニューがあるカレー屋さん」をご紹介していきます。今回ご紹介するのは大磯の古民家を改装した素敵なカレー屋さん『CHAIRO(チャイロ)』です。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』の外観

大磯の古き良き街並みに佇む古民家で、おいしいカレーをいただこう!

明治から昭和初期にかけて政治家や名士たちの別荘が数多く建てられ、独自の”別荘文化”が栄えた大磯。湘南発祥の地とも言われる古き良き街には、今でもその面影が深く残っています。最近はその街の雰囲気を活かしたオシャレなカフェやパン屋さんなどもでき、夏には昔ながらの海水浴場もオープンするので、気軽に訪れて小旅行気分になれる楽しい街です。

国道一号線沿いに建つ『CHAIRO(チャイロ)』も、築80年余の古民家を素敵にリノベーションしたカレー屋さんです。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』の店内

オーナーの竹中さんご夫妻は、元々東京でインテリアや内装のお仕事をされていたらしく、大きな大工仕事以外はほとんどお二人で改築されたそうです。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』のインテリアショーケース

インテリアの一部として置かれているショーケースには、骨董品の数々が。古き良きものを愛おしむお二人のセンスの良さを感じる一角です。

野菜の栄養とスパイスのパワーが濃縮された滋養カレー

「体に良いものしか入っていないんですよ」と語るのは、オーナー夫人の竹中聡子さん。いろいろな店を食べ歩き、試行錯誤の末考案したオリジナルのカレーは、スパイスの効いた本格的なインドカレーなのに、どこか馴染み深い雰囲気が。そしてスパイスの香りと玉ねぎの甘さが奏でるハーモニーが食欲をそそります。こちらのカレーは、数十種類のスパイスと野菜を何時間も炒めたものを、鶏ガラと鰹出汁のスープストックで伸ばして作っているそうです。”馴染み深さ”はこの出汁だったのですね。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』のほうれん草のチーズカレー

こちらは「なす・トマト・ほうれん草のチーズカレー(1,050円)」。地元で採れる旬の野菜が楽しめるカレーです。ピリッとスパイシーなカレーをトマトの甘さとチーズがまろやかにしてくれる、マイルドなカレーです。季節によってオクラやアスパラガスなどと野菜が変わります。カレーはプラス450円でデザートかサラダ・ドリンクが付けられるお得なランチセットにすることができます。

この店はルーだけでなく、ライスにもこだわりが。ご飯を炊く際に、ギーと塩、ホールのブラックペッパーを入れて炊き上げるので、ご飯にも味がほんのり付いています。これがまた美味!ご飯だけ食べても充分満足です。

豪華なキッズカレーに子供も大興奮!

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』にある子ども絵本

子どもと一緒にカレーが出来上がるまでの時間を楽しく過ごせるようにと、お店には絵本がたくさん置いてあります。こちらが「キッズカレープレート(800円)」です。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』のキッズカレー

大人のポークカレーをベースにした、玉ねぎの甘さが際立ったキッズカレーは、体に良さそうなほんのり甘めの優しいお味です。サラダに天然酵母パン、ポテトとチーズのグラタンとサラダ、デザートのシフォンケーキまで付いています!とってもキュートで贅沢な一皿に、子どもの第一声は「ワー!」でした。

大磯のカレー屋『CHAIRO(チャイロ)』のオーナー、竹中さん

東京から引っ越し、馴染みのなかった大磯でお店をオープンするにあたり、「家族で来てもらえるお店にしたかった」と、竹中さん。その為にはキッズカレーは欠かせないと思ったそうです。子どもにとって”お子様ランチ”のような一皿にしようと思い、こんなにも贅沢なプレートになったそうです。またご飯ではなくあえてパンにしたのは「ご飯じゃおウチで食べるカレーライスと変わらないでしょ」と。

キッズカレーを食べる子ども

『CHAIRO(チャイロ)』のカレーの最大の特徴は胃もたれしないこと。とかく胃腸が弱っている時にカレーを食べると胃もたれしがちなのですが、こちらのカレーを食べて胃もたれしたことが一度もありません。それどころか、疲れている時にいただくと、不思議と元気が回復してきます。スパイスの力と野菜の栄養が凝縮された滋養カレーは「本当に体に良いものしか使っていないんだな」と毎回実感します。

子供も大人も大満足なこのお店は、休日のステキな思い出になるオススメの場所です。家族でカレーを楽しみましょう!

大磯の隣町、平塚には平塚総合公園や、お散歩気分を楽しめる湘南平、屋内施設の『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』など子どもが喜ぶ遊び場がいっぱい!
こちらの記事も併せてご覧ください。


ライター

ライター:zion_mama
東京の某ラジオ局の広報職を経て、雑誌やフリーペーパーのライターに。鎌倉在住。音楽と美味しいごはんが大好き。子育て中のママ目線で、湘南の遊び方を提案していきます。


ママモアナセレクト

湘南で一番好きなアイスとかき氷

おすすめ記事

  1. 湘南で1番好きなアイス&かき氷特集 辻堂 グリーンスタンプスカフェ

    コーヒーが美味しい辻堂の『ザ・グリーンスタンプス・カフェ』、実はアイスも美味しいんです!

  2. 辻堂のサラダ専門店「ベリーベジー」

    辻堂に移転!『Very Veggy-SALAD WORKS-』は”主役は野菜”のサラダ専門店

  3. 離乳食は持ち込みOKなので赤ちゃんも安心

    逗子『サンサンゴゴ』で、沖縄料理をゆっくり堪能!

  4. 鵠沼海岸の餃子専門店「鵠沼ぎょうざ」の店舗外観

    鵠沼海岸・子連れ歓迎の餃子専門店『鵠沼ぎょうざ』

  5. ラクサ

    茅ヶ崎で話題のラクサ専門店『いただきます食堂』の広々としたお座敷でお子さまと一緒に異国の気分に

  6. うどんと天ぷらのセット

    乳幼児連れも歓迎の『鎌倉美水』で、厳選素材とこだわり製法のうどんを堪能

  7. BoulangerieYui

    みんなを笑顔にする藤沢のパン屋さん『Boulangerie Yui(ブーランジェリー・ユイ)』

  8. 中川さんの絵本

    鎌倉・由比ガ浜のブックカフェ『SONG BOOK Café』で、絵本に癒される夏

  9. 江ノ電で鎌倉日帰り観光『和菓子と温泉』の子連れ旅

    江ノ電で鎌倉日帰り観光!「和菓子&温泉」を楽しむ、冬の鎌倉子連れトリップ