インタビュー:産前・産後ママ向けヨガ『re-loop yoga』主宰 鈴木理佐さん

moana People vol.22
湘南で自分らしく輝いている方に、様々な活動のお話とご自身が感じる湘南の魅力を伺っていく『moanaPeople』。

第22回目は、『re-loop yoga』を主宰されている鈴木理佐さん。逗子・鎌倉で子連れOKのマタニティヨガ、産後ヨガ、骨盤ヨガなど、多彩なヨガレッスンを開催。そのほか子育て支援施設や療育センター、幼稚園などの出張講座なども。また、ママモアナがお届けしている湘南ビーチFMのラジオ番組『モアナピープル』(毎週木曜日10時15分から放送中)のモアナサポーターとしても、多岐に渡り活動されています。

逗子・鎌倉で子連れOKのママ向けヨガを主宰する鈴木理佐さん

鈴木理佐さん
産前産後専門 骨盤ヨガインストラクター。ヨガ歴は15年。自身のプラクティスは伝統的なヨガである「sivananda yoga(シヴァナンダヨガ)」をベースにしていて、スピリチュアルネーム”Shakti”も授かる。
そのほか、yoga plus 認定骨盤ヨガインストラクターなどの資格多数。前職は保育士、ソーシャルワーカー。小学生男の子と年長女の子、二児のお母さん。
WEBサイト:https://ameblo.jp/reloopyoga/
Instagram:@risa.suzuki.yoga

逗子・鎌倉で、産前産後の体の変化にフォーカスしたヨガレッスンを開催

ーーいくつかクラスがありますが、鈴木さんが教えられているヨガの特徴や内容について、詳しく教えていただけますか?

鈴木さん:私がレッスンしているヨガは、産前産後の女性の、とくに骨盤の変化を中心に考えた独自のプログラムです。産前はお産に向けて骨盤をゆるめる、産後は逆にどうやって引き締めるかがとても重要で、そこに特化したヨガをお伝えしています。

逗子・鎌倉で子連れOKの産後ママ向けヨガレッスン風景

<産後すぐママクラス>産後およそ1年以内のママと赤ちゃんのためのクラス(逗子・鎌倉の会場)

逗子・鎌倉で子連れOKの産後ママ向け骨盤ヨガレッスン風景

<美骨盤エキスパート少人数制クラス:見守り保育つき>骨盤のゆがみを正しい位置に導き、女性特有の不調を解消します(逗子・鎌倉の会場)

ーー現在は感染症拡大防止のため、オンラインレッスンも活用されているとか。

鈴木さん:そうなんです。感染症対策を行いながらのリアルレッスンと会議システム「ZOOM」を使ったオンラインレッスン、両方行っています。

逗子・鎌倉で子連れOKのママ向けオンラインヨガレッスン

レッスン後一ヶ月は録画にいつでもアクセスいただけるので、リアルタイムに参加できなくても、途中までの受講になっても安心です。期間内は何度でも視聴可能なので、復習にもご活用いただけます。

ーーそのほかにも、無料のメール講座もあるとお聞きしました。

鈴木さん:産後の体型戻しのコツについて、これは知っておいたほうがいいかも!という情報をギュッと凝縮した「セルフ食べヨガ」5日間講座と、日常生活の中で簡単にできる「美骨盤ヨガ」7日間講座をご用意しています。期間中はレッスンメールが毎日届き、おすすめヨガポーズの動画もご覧いただけます。気軽にお役立ていただきたいです。

前職と2回の出産に寄り添ってくれたヨガ。自分自身の学びと経験を多くのママに伝えたい

ーー前職は、保育士・ソーシャルワーカーとして12年間従事されていたとのこと。どんなお仕事だったのですか?

鈴木さん:横浜市の療育センターで、自閉症と知的にゆっくりしたペースを併せもつお子さんのクラスを主に担当していました。本人のQOLを上げながら、ご家族や地域の中で安定した生活を送ることができるように様々な支援を行っていました。
そのときの仕事を通して、「知らないが故に困っている人、生きづらさを感じている人に寄り添うこと。さらに相手を深く理解し、自分が知識を持って働きかけることで、その人の人生がどんどん豊かになっていく」ということを、身をもって実感しました。

逗子・鎌倉で子連れOKのママ向けヨガレッスンを主宰する鈴木理佐さん

ーーそんなお仕事の中、ヨガはどのようなタイミングで始められたのですか?

鈴木さん:ヨガは週一回、趣味感覚で教室に通っていました。体もハードに使う仕事だったのでメンテナンスにと始めたのですが、それ以上に心が整うことにびっくりして。お子さんやご家族と向き合う仕事だったので、まずは自分の気持ちが安定していることが大前提。そんな中、ヨガの古くから伝わっている深い哲学、生き方についての指南にすごく共感できて、気持ちがスッとラクになったんです。

ーーお二人のお子さんの妊娠・出産のときにも、ヨガは深い関わりが?

鈴木さん:それが……。退職後に第一子妊娠・出産だったのですが、何もせずダラダラ過ごしてしまい、妊娠中に体重は13㎏増。出産は上手く進まず緊急帝王切開になり、赤ちゃんにも苦しい思いをさせてしまいました。保育士をしていたのに全然上手くできない!と心が乱れてイライラして、ストレスで食べ過ぎて何をしても戻らない体重。完全に悪循環な日々が続きました…。

妊娠・出産、産後すぐに始まる育児。こんなにも体や心がダメージを受けるのか、こんなはずじゃなかったと愕然として、自分を責めてばかりいました。

逗子・鎌倉で子連れOKのママ向けヨガレッスンを主宰する鈴木理佐さんと子ども

その後、「これじゃいけない!」と産前産後の女性の体や骨盤ヨガの学びを深め、しっかり理解した上で第二子妊娠・出産。同じ13㎏増にも関わらず、自然分娩と二カ月半で産後太りも克服。元気で調子も良く、楽しい産後ライフを送れました。

逗子・鎌倉で子連れOKのママ向けヨガレッスンを主宰する鈴木理佐さんと赤ちゃん

自分の練習としては、ヴェーダンタ哲学を基本とした伝統的なヨガである「sivananda yoga(シヴァナンダヨガ)」で、単なる体操としてのヨガではなく、自分の内面と深く向き合うことや人生観などの学びも続けています。

ーーそのご経験と学びを基に、現在のような産前産後に特化したプログラムのお教室を?

鈴木さん:二人の妊娠・出産を通して、難しいことやストイックなことをしなくてもポイントに手をかければその分だけ体も心も応えてくれるという経験をしました。
その自分自身の学びと経験をシェアすることで、一人でも多くの女性、ママたちの役に立ちたい。そんな思いを込めて始めた教室『re-loop yoga』、おかげ様で6年目を迎えられました。

海と山に囲まれた逗子。この地で自分も子育てしながら、たくさんのママをサポートしたい

ーー逗子にお住まいとのこと。どのような理由でここを選ばれたのですか?

鈴木さん:横浜に住んでいた前職時代、夫婦で新しい住まいを探していて「海のほうもいいかもね」ぐらいの気持ちで湘南エリアを見に来たんです。そうしたら、逗子の海も山も近くにあって、決して派手ではないけど地味でもない、しっとり落ち着いた雰囲気が心地良くて。ちょうど良い物件にも巡り合い移住。自然と流れ着いてきた感じです(笑)。

逗子の海を歩くママと子ども

でも、逗子の良さを実感したのはここで子育てを始めてからかも。子どもと海で思い切り遊んだり、山に登ってみたり。
逗子海岸も広過ぎず、人との距離感覚が自分としてはちょうど良い感じなんです。平日も一人でさっとビーチに行って、海を眺めながらぼーっとしたり水に足をつけたり。自分の体と心をリフレッシュして、良い状態で生徒さんと向き合えるように心がけています。

ーーその逗子海岸では、海ヨガも開催されているそうですね

鈴木さん:今年はコロナの影響でできていないのですが、毎年春と秋に3回ずつ、週末に開催しています。時間も早過ぎず10時ぐらいからお昼まで。もちろん子連れでもパパの参加もOK。逗子に住んでいるのにあまり海に行かない方も多いみたいなので、海で気持ち良く体を動かすきっかけになってくれれば嬉しいです。

逗子の海で子連れでヨガをするママ

ーーご自身の子育て、大切にされていることを教えてください

鈴木さん:必要最低限のことや基本的なことは日々の暮らしの中で伝えつつ、成長に合わせて自分で考えて行動できるよう促しています。「あれやりなさい、これやりなさい」ではなく、「どうやればいいのか、自分で考えてごらん」と。

鈴木理佐さんと娘

前職の経験から言えることですが、例えば、本人が理解できる方法で手がかりを与えてあげれば、身の回りのことがきちんとできて、自分から選ぶことや行動することができます。それは絵なのか文字なのか写真なのか、それぞれが理解しやすい方法を模索しながら見つけ出し、何度も繰り返してできることを増やしていく。
自分の子育てでもその視点を大切にして、日々子どもに接しています。

ーー鈴木さんの活動の原動力、そして今後の夢について教えてください。

鈴木さん:「もっともっと多くのママに届けたい、サポートしたい」が原動力でもあり、夢でもあるかな。
新型コロナウィルスが流行り出したころ、以前から勉強していた「ZOOM」を使ったレッスンに切り替えたり、「ヨガはいいから、お茶飲みながらおしゃべりしようよ!」と生徒さんと無料のオンラインお茶会をしてみたり。あまり形にとらわれず、「ママが楽しいといいなー、ラクになればいいなー」と常に考えながら活動を広げていければいいなと思っています。

逗子・鎌倉で子育てママ向けのヨガオンラインレッスン

ヨガの最大の特徴は「心の安定効果」。もともと、心を落ち着かせるために様々なヨガポーズは生まれました。そして体への効果も、解剖学的な視点からもヨガのポーズは大変良く出来ていると言われています。

子育ては、体だけではなく心もフル稼働。とくに心は時々コントロール不能になったりもしますよね。ママだって人間ですから、それは当然だと思います。
大事なのは、その疲れをそのままにしないでケアしてあげること。そして、ママがいつも元気でいること。それだけで家庭が明るくなるし、子どもの心も安定した強いものになります。

ヨガを通して心も体も楽になり、元気で楽しい育児生活を送れるよう、これからも多くのママをサポートしていきたいです。

ヨガを通してたくさんのママを見つめてきた鈴木さん。2021年からはもっと深く学びたい方のために、自分の内面をしっかり見つめて整えていく、インドから古く伝わる伝統的な「sivananda yoga(シヴァナンダヨガ)」のベーシックなクラスも開催予定。そんな鈴木さん主宰の『re-loop yoga』は、すべてのクラスにおいて初心者でも、体が硬くてもOKだそうです。

そして最後に、鈴木さんから『ママモアナ』読者におすすめの、簡単にできるヨガポーズを教えていただきました!忙しい育児の合間に、ホッと一息ついてくださいね。

1. 橋のポーズ

逗子・鎌倉で子育てママ向けのヨガ「橋のポーズ」

産後ママへの一番おすすめポーズです。骨盤の矯正力も高く、育児疲れが解消できるポーズです。太ももを内側に寄せるイメージで。
効果:骨盤の引き入れ、お腹や背中の引き締め(骨盤ケア)、肩こり、猫背解消(育児疲れ)

2. 立木のポーズ

逗子・鎌倉で子育てママ向けのヨガ「立木のポーズ」

赤ちゃんを抱っこしながら、さっと足を上げるだけでもOKです。
効果:骨盤矯正、お腹周りと下半身の引き締め

鈴木理佐さんがモアナサポーターとして活躍する湘南ビーチFMのラジオ番組『モアナピープル』については、こちらをチェック!

ライター
ライター:jpbanana
家族は夫・息子・犬一匹。東京→逗子生活も10年以上経過。海で泳ぎ、川で魚を探し、緑の中で虫採り。これからも子どもと一緒に楽しい発見をして、たくさんのママとシェアできたら嬉しいな。


ママモアナセレクト

おすすめ記事

  1. YUCOさん

    インタビュー:ヨガライフセラピスト YUCOさん

  2. 米田さん

    日々の喧騒を忘れ、鎌倉『腰越珈琲』でゆっくりと過ごす贅沢時間

  3. 藤沢「ふじさわ元気回復プレミアム商品券」事前申込受付中!

    締め切り間近!『ふじさわ元気回復プレミアム商品券』事前申し込み受付中!!

  4. 荻野明美さん

    インタビュー:My BEACH代表 荻野明美さん

  5. hair make ONE ヘアメイクワン大船

    キッズカットは大船の美容室『hair make ONE』で!ママと子どもに優しいと評判のサロンの魅力とは?

  6. 鎌倉の親子カフェ『MISORA café(ミソラカフェ )』で、子どもと一緒に無農薬野菜を楽しもう!

  7. 寺西恵さん

    インタビュー:フラインストラクター 寺西恵さん

  8. オリジナルのチーズケーキ

    北鎌倉にニューオープン!鎌倉土産にお勧めな『鈴の日』のチーズケーキ

  9. おててとおててのコミュニケーション『ベビーサイン』で、赤ちゃんとの意思疎通を楽しもう!