moana People vol.7 ~湘南ヘルシスタ発起人・プロデューサー 田熊 ゆいさん(下編)

湘南で自分らしく輝いている方に、様々な活動のお話とご自身が感じる湘南の魅力を伺っていく『moanaPeople』。

田熊ゆいさん

第七回目は、全ての女性へ心身ともに健康で潤いのあるライフスタイルを提案している、『湘南ヘルシスタ』発起人の、田熊 ゆいさん。
ふたりのお子さまのママとして忙しい毎日を送りながらも、「毎日を自分らしく、丁寧に生きる」という理念のもと、無理のない自然体な生き方を実践しています。こだわりのライフスタイル、子育て、ヘルシスタとしての活動についてなど、色々とお話を伺って参りました。

今回は上下の2回連載でお届します。

田熊ゆいさん

田熊 ゆいさん
18歳でモデルデビュー、CMを中心に雑誌などに出演。20代半ばに起業し、美容・ファッションの企画、施設のプロデュースの傍ら、ビューティジャーナリストとして多方面で活躍。
結婚をきっかけに鎌倉へ移り住み、湘南での自然育児が注目を集める。2012年に英国国家職業資格「チャイルドマインダー」・小児救急救護法国際認定カード取得。湘南HEALTHISTA(湘南ヘルシスタ)発起人。
素敵なライフスタイルや情報を発信している、Instagramは必見!

上編はこちらをご参照ください。

ーー田熊さんの、子育ての流儀を教えてください。

田熊さん:私は、競争社会はもう終わりじゃないかなと思っています。子どもたちには競争という概念をあまり植え付けず、自分の好きなことをとことんやりきる!ということを教えています。子どもにはそれぞれ個性があるので、まずその子の個性を認め自主性を大事にし、育てたいと思っています。長男は、100点採っても0点採っても、私に見せないの。だから、100点でも0点でもこの子は関係ないのだな。おもしろいね、君って。そういう人なのだね、と思っています(笑)。通知表とかも、あまり興味が無いので見なさ過ぎて、逆に怒られます(笑)。

私の母親がいわゆる教育ママだったので、中学受験から物凄く勉強させられてきた反動かもしれません。結局、勉強しろ!と言われてやったことって、その時は覚えていてもあまり身につかなかった。そういう経験があるからこそ、やりたいことが何かひとつあればいいのかなと思っています。それが絵なのか、勉強なのか、スポーツなのかは、自分の経験を通じて子どもたちに見つけていって欲しい。何にもやらないのはダメだけど、何かひとつ見つかればいいと思っています。

家族の心と身体の健康のために、一年に一回は少し長めの期間、より自然豊かな地に家族で旅行するようにもしています。

青パパイヤ酵素

余談ですか、旅の体調管理にいつも青パパイヤ酵素を持参していたら、トラベルパックをメーカーが作ってくれて(笑)。可愛くできたので、ヘルシスタのマルシェでも販売しようと思っています。

ーー湘南での子育てはいかがですか?

田熊さん:公私ともにザ・東京ライフだったのですが、不思議と東京で子育てしようという気持ちにはなりませんでした。今振り返れば、住みづらいし生きづらいですね、東京は。湘南は自然に触れながらのびのびと子育てできるし、東京にも通える距離だし、すごくバランスのいい地だと思います。

海も近いし、特に子どもは日常的に自然を感じることができます。子どもたち二人ともサーフィンをしていますし、男の子は身体を動かす機会がたくさんあるのもいいですよね。うちのバルコニーには野生のリスが毎日来て、狸もこの山の下に住んでいる。東京では見たこともない虫たちも(笑)。子どもも私も、日常的に様々な生き物と触れ合っています。

あと、気楽に誰かの家に集まれるのがいい!うちの子どもたちをお店に連れて行こうものなら、物凄いうるささで周りに恐縮してしまいます。友達の家だと気兼ねもなく、子ども同士で遊んでくれるし、大人の目が多いから安心だし。みんなで子育てしているというか。そういうところに、田舎の良さが残っていると思います。誰かの家とか、どこかの海とか。かしこまってどこかお店に集まらないと!というのがあまり無く、それが良いところだと思います。

ーー田熊さんなりの、湘南の楽しみ方やリフレッシュ法を教えてください。

子どもたちが帰宅するまでを、自分の時間にしています。そして、お昼に打ち合わせをする時は、必ずランチミーティング。とにかく美味しい食べ物屋さんがたくさんあるから、ランチ巡りが楽しいです。わざわざ電車に乗って行かなくても、鎌倉には自転車で気軽に行ける距離に良いお店がたくさんあります。マクロビのカフェや、一軒家の古民家のリノベーションレストランなど、こだわっているお店が多いですね。

最近は、葉山などにバケーションレンタル施設のようなものも増えて。海沿いのロケーションが映えるプライベートビーチがあるような素敵な所を、そんなに高くなく借りることができます。みんなで割れば数千円くらいなので、仲間うちでワイワイ楽しんだり。遠くに行かなくても、近場で旅行気分が味わえるのが良いですよね。
あと、私は温泉が大好きでよくリフレッシュしに行きます。湘南には温泉も多いし箱根にもササっと行ける距離なので、ありがたいです。
最近は鶴巻温泉にハマっていて、『鶴巻温泉 元湯 陣屋』がイチオシです。100年以上の歴史ある純和風旅館で、1万坪の広さを誇る庭園が素晴らしい!失われつつある日本の自然が息づいていて、別天地のようです。ランチ付きの日帰りプランがお得で、雑誌『SHONAN TIME』の連載ページでも紹介させていただきました。鎌倉からでも1時間弱くらいだから、子どもたちがいない時間帯にパッと行けるのも良いですね。湘南は癒し処が近いので、忙しいママには本当に助かります。

海岸線が生活道路にあるから、ドライブも気分転換になります。東京だと渋滞が凄いので、どう裏道通ったら一分でも早く到着できるかという感じでしたが、こちらは少し遠回りでも気持ち良い道で行きたくなります。ちょっと134号線経由で行こうかな、とか。
ほどほどの街感もあるけれど、ほどほどに田舎感も残っていて。東京にもほどほどに行けるし、もっと田舎にもほどほどに行ける。湘南は全てにおいて、とてもバランスが良い地だと思います。

ーー最後に、今後の展望などを教えてください。

田熊 ゆいさん

田熊さん:「ほどほど」を極める!起業していた時に気づいたのですが、物凄く忙しくしてたくさん稼いでも、好きな事しながらそこそこ稼いでも、結局自分の使うお金はさほど変わらない。「ほどほど」が一番。頑張りすぎない程度に自分の中でバランスを取りながら、毎日を丁寧に暮らしていきたいと思っています。

湘南ヘルシスタ 今後のスケジュール

4/27〜5/26 湘南T-ITEにて開催中の湘南博では、マルシェブースに加え、来春発売予定の電動自転車「ヘルシスタ号」を初お披露目。

5/7〜20までの2週間、そごう横浜店 3階シーガルコートにてPOP UP SHOPを開催中。ヘルシスタ作家の作品が並びます。5/7〜はBeauty week、5/14〜はFashion week。リゾートのライフスタイルを彩る週替わりのラインナップとなっています。

5/11-12 グランツリー武蔵小杉にヘルシスタが足を伸ばします。都会と自然の調和からなる、心地よいライフスタイルをテーマにした「Life Smile Marche」に出店します。

5/11〜6/9江ノ電 鎌倉駅 駅ナカにある「ことのいち」にてレジ横POP UPを開催。

その他、最新情報はInstagramFacebook湘南ヘルシスタ CO.official HPをチェック!

ライター

ライター:aya_peco
大学時代から女性誌ライターを始め、様々な雑誌で執筆活動を経験。持ち前の好奇心と行動力で、スタイリングやファッションショーなどにも携わる。その後、アパレルのプレスを経て、結婚を機に大好きな湘南に移住。海と自然と可愛いものをこのよなく愛し、スローライフを満喫する日々を送る。

関連記事

  1. 安田理奈さん

    moana People vol.4~R.DENIMオーナー 安田理奈さん

  2. 荻野明美さん

    moana People vol.6~My BEACH代表 荻野明美さん

  3. 宮内千夏さん

    moana People vol.1~助産師・宮内千夏さん 赤ちゃんを持つお母さんの不安に寄り添う助産師のお仕事とは?

  4. 寺西恵さん

    moana People vol.3~Hulaインストラクター 寺西恵さん 気軽に楽しむフィットネスフラとは?

  5. 米澤美法さん

    moana People vol.5~自由創造ラボたんぽぽ代表 米澤美法さん

  6. YUCOさん

    moana People vol.2~YOGAライフセラピスト YUCOさん ヨガを通じて子育てを終えたママが“女性”として輝くためのサポートを!