佐藤 光 茅ヶ崎市長に聞く、『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』への想い

茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業

2023年4月1日以降にお子さんが生まれた茅ヶ崎市在住のご家庭に、2万円相当のギフトカタログを贈る『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』がいよいよスタート!案内状が届くのを楽しみにしているパパさんママさんも多いのではないでしょうか。

茅ヶ崎市長の佐藤光氏

佐藤光茅ヶ崎市長 Photo by Lily

今回は、『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』の実施を決めた佐藤光茅ヶ崎市長に、インタビュー。事業実現へと至るまでの想いや、今後の茅ヶ崎市の子育て支援施策についてお伺いしてきました。

「お父さん、お母さんを応援したい」という想いが、事業の実現に

ーー『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』の実施に至ったきっかけを教えてください。

佐藤市長:一番は、「子育てしているお父さんやお母さんを応援したい」という気持ちですね。僕には双子の娘がいますが、僕自身は妻の両親と一緒に暮らす“マスオさん状態”(笑)。妻の母が一緒に子育てをしてくれるという、恵まれた環境でした。しかし核家族化が進む今、必ずしもそういった家庭ばかりではないと。

子育てママと談笑する茅ヶ崎市長

両親が近くにいないうえ、昔のようなご近所付き合いも減ってきている。そういった環境で孤立しがちなお父さんやお母さんを応援したいという気持ちが、僕の中にありました。茅ヶ崎市職員の中にも子育て中の職員がいっぱいいますから、みんなで考えた結果『ファーストプレゼント事業』の実施に至りました。

ーー茅ヶ崎市ならではの商品など、内容にも工夫されているそうですね。

子育て世代と交流する茅ヶ崎市長

ひとりひとりのお話しに耳を傾ける佐藤市長

佐藤市長:当事業については、現金を給付するという案もありました。しかし、茅ヶ崎市内のお店やサービスをご紹介することで、茅ヶ崎の街ぐるみで子育てを応援しているということがお伝えできるのではないかと。
茅ヶ崎市内には、ローカルなお店がいっぱいあります。それもまた茅ヶ崎の魅力の1つ。お子さんと一緒にお出かけするきっかけになってくれたらと思います。

茅ヶ崎は、さらに子育てがしやすいまちへ

ーー2023年、茅ヶ崎市ではさらに子育て支援施策が充実したそうですね。

茅ヶ崎市長と子育てママ・子育てパパ

こどもまんなか応援サポーター宣言

佐藤市長:大きな動きとしては、茅ヶ崎市では2023年8月に「こどまちプロジェクト」を策定しました。10月からスタートした『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』も、「こどまちプロジェクト」での取り組みの1つです。

こどまちプロジェクト

「こどまちプロジェクト」では、4つの目的と8つの取り組み方針を軸に、子育て支援に関する施策を推進していきます。その取り組みの一例として、小児医療制度や産後ケア事業の充実などがあります。今後も予算成立などの機会に、随時施策を公表していく予定です。

赤ちゃんと触れ合う茅ヶ崎市長

『茅ヶ崎市ファーストプレゼント事業』は、今回がはじめての試みなのでまだパーフェクトではありません。茅ヶ崎に暮らしているお父さんやお母さんに、いろいろとご意見をお伺いして、ブラッシュアップしていければと思っています。

ほどよく田舎、ご近所付き合いも健在。それが茅ヶ崎市の魅力

ーー佐藤市長ご自身は、茅ヶ崎市で子育てされてどうでしたか?

佐藤市長:偉そうなことを言うと妻に怒られちゃうけど(笑)。義理の母が子育てを手伝ってくれていましたが、なんだろうな、楽しそうに子育てをしていた気がしますね。

茅ヶ崎の酪農牧場・かきざわ牧場

「かきざわ牧場」は住宅街にある酪農牧場

子どもとよく行った場所と言えば、「かきざわ牧場」かな。牛や羊がいて、子どもたちは楽しそうでした。あとは、「里山公園」にもよく行きました。

ーー最近では茅ヶ崎に移住する方も増えているそうですね。

佐藤市長:そうですね。ここ最近は、茅ヶ崎市への流入者が増えています。東京から茅ヶ崎に移住してきた知人に、なぜ藤沢ではなく、茅ヶ崎を選んだのか聞いたことがあるんですが、その答えが「藤沢は微妙に都会で、茅ヶ崎は微妙に田舎だから」。

茅ヶ崎の風景

東京に住んでいた時は、隣に誰が暮らしているかわからなかったそうです。でも茅ヶ崎では近所の方が「行ってらっしゃい」と声をかけてくれて、「東京ではありえない!」と。
このように茅ヶ崎には、まだまだご近所とのつながりが残っているところがあります。人と人との関係を大切にしている茅ヶ崎の土地柄も、多くの方に知っていただきたいですね。

「茅ヶ崎で子育てしてよかった」と思えるよう、後押ししたい

ーー市長が子育て中のママやパパに想うこととは?

佐藤市長:市民の方から「市長、この子たちのために、茅ヶ崎市をよりよくしてください」と言われた時、背筋が伸びる思いでした。

子どもと対話する茅ヶ崎市長

子どものお話しにも耳を傾けます

子どもはまちの宝です。多くの子どもたちが茅ヶ崎で育つ環境を整えることは、将来の明るい未来の実現のために必要不可欠です。希望する方が安心して子どもを産み、育てることができる環境づくりにこれからも取り組み続けます。

【関連記事】茅ヶ崎市「こどもまんなか応援サポーター」宣言発表!


ライター:honobono
夫の転勤であこがれの地、湘南へ。茅ヶ崎在住。湘南の太陽をいっぱい浴びて、美白とは縁遠い生活を満喫中。2023年に保育士資格を取得。湘南で子育てを楽しむヒントを、お母さん目線で提案していきます。
茅ヶ崎子育てインフォメーション
湘南の子ども習い事
湘南の美味しいお土産

おすすめ記事

  1. 茅ヶ崎・たんぽぽはうす

    一時保育や放課後の預かりも!茅ヶ崎『たんぽぽはうす』は、ママと子の居場所

  2. 産後の不安や育児の疑問、茅ヶ崎市子育て支援センターに相談しよう!

  3. 子どもと楽しむ湘南のスーパー銭湯&日帰り温泉

  4. 湘南の美味しいデリカテッセン12選

    湘南の美味しいデリカテッセン12選~クリスマスやお正月を豪華に楽しもう!

  5. 【茅ヶ崎土産】お取り寄せもOK!茅ヶ崎の定番&おすすめの逸品

    【茅ヶ崎土産】お取り寄せもOK!茅ヶ崎の定番&おすすめの逸品

  6. 鎌倉・由比ヶ浜『ミソラと、おひさまと』は、ママと子どものもう一つの居場所