茅ヶ崎の住宅街にある『かきざわ牧場』は、ご近所さんに愛される酪農場

\ HOT NEWS /
2024年1月~4月「ふれあい体験」の申し込み受付中!

『かきざわ牧場』はJR茅ケ崎駅から3.4キロ、茅ヶ崎市甘沼の閑静な住宅地にある酪農場。こんな身近な場所に牧場が!?と、ちょっと驚きです。

茅ヶ崎の住宅街にあるかきざわ牧場

柿澤 博さんは『かきざわ牧場』の3代目。生まれた頃から牛がいるのが当たり前の生活だったそうです。現在は結婚を機に就農した奥さまの美里(みり)さんと、息子さん娘さんと一緒に、牧場を切り盛りされています。

かきざわ牧場オーナー

とっても仲良し!柿澤ご夫妻

今回は柿澤ご夫妻に『かきざわ牧場』を案内していただきました。牧場搾りたての生乳を使ったアイスクリームの情報も!最後までぜひご覧くださいね。

牛が健康である秘訣は、「ありがとう」と感謝を伝えること

道沿いに牛舎がある『かきざわ牧場』。その背景にはマンションがそびえ立ち、牛の気配をあまり感じません。

かきざわ牧場の牛舎

靴裏を消毒し、牛舎に一歩入ると「も~」と牛の鳴き声が!やっと「酪農場に来た!」という実感がわいてきます。

かきざわ牧場の乳牛

『かきざわ牧場』には現在ホルスタインやジャージー種など20頭の乳牛がおり、毎日約300キロの生乳を出荷。出荷先は大手乳業メーカーをはじめ、茅ヶ崎ロコに愛されるアイスクリーム屋さん「Plenty’s(プレンティーズ)」など。毎朝、搾りたての生乳が『かきざわ牧場』から旅立っていきます。

茅ヶ崎のアイスクリーム屋さん『Plenty’s(プレンティーズ)』の記事はこちら


餌を食べる乳牛

1日に餌やりは5回、搾乳は2回。柿澤さんたちは365日の間1日も休むことなく、朝から晩まで愛情を持って牛たちの世話をします。まさに子育てと同じ!

かきざわ牧場の牛の搾乳

柿澤さんたちが牛を育てる上で大切にしていることは、「ありがとう」の言葉。「自分たちは牛たちに生かされている、と感謝することが大切」と美里さんは言います。
牛と人とは言葉こそは通じませんが、気持ちは伝わると博さん。搾乳前には「これから絞るよ」と声をかけ、搾った後は「ありがとう」と必ず声をかけるそうです。

かきざわ牧場オーナーのご夫婦

「ありがとう」と牛たちとコミュニケーションをとることで、牛たちは心身ともに健康に。家族として、そして仕事のパートナーとして、牛たちを家族のように大切に思う柿澤さんたちの気持ちが、美味しくて健やかな牛乳を生み出しているのです。

牧場なのに臭くない⁉『かきざわ牧場』のひみつ

牧場なのに、牛の気配をあまり感じない…。その理由の一つに、臭いがしないということがあります。牛舎に入るまで、独特な臭いはゼロ!牛舎の中でもそれほど臭いを感じません。

ふん尿固液分離機

臭いがしない秘密が、この「ふん尿固液分離機」。臭いの元を絞り出し下水で流すため、ツーンと鼻をつく嫌な臭いを減らすことができるのだそうです。

たい肥

臭いの元を搾り取った後の牛糞は、かくはん・乾燥させ、良質なたい肥に。このたい肥は臭いが少ないため、家庭菜園などでも重宝されているのだそうです。とても人気があり、なかなか入手ができないのとか。
「牧場に行ってみたいけど、臭いのが苦手…」そんな方でも、『かきざわ牧場』なら大丈夫!臭いのなさに、驚くはずです。


牛の乳しぼりも体験できる!

一般社団法人中央酪農会議の「教育ファーム認定牧場」として子どもたちの食育に積極的に取り組む『かきざわ牧場』では、牛の乳しぼりを体験することができます※。

※現在乳しぼり体験は、クラウドファンディングのリターンでの開催となっています。今後の開催時期等は「かきざわ牧場 公式Instagram」をご覧ください。

かきざわ牧場のふれあい体験

「ふれあい体験」のメニューは、牧場の話、牛の身体の秘密、餌やり、掃除、子牛・羊とのふれあい、そして乳しぼり。体験時間は約2時間で、事前の予約が必要となります。
今回は小学生の娘と一緒に、「ふれあい体験」に参加してきました。

牧場ふれあい体験に参加する子ども

この日は小学生の子どもたちが参加。最初に、牧場の仕事や牛の身体についてのお話を聞きます。「牧場の仕事って、365日休むことができないんだね」「牛って胃が4つもあるんだね」と、子どもたちは興味津々!

ふれあい体験には長靴がおすすめ

牛たちに病気を移してしまわないよう、足裏をしっかりと消毒してから牛舎へ。「ふれあい体験」では牛舎の中に入るため、長靴の着用がおすすめです。

餌やり体験

手をよく洗ったら、いよいよ牛たちの元へ。まずは、餌やり体験をします。干し草を持っていくと、牛たちはもぐもぐ。おいしそうに平らげてくれます。牛は1日30キロもの飼料を食べるのだとか。その量、なんとお風呂の浴槽一杯分!

牛舎の掃除

たくさん餌を食べる分、うんちもたっぷり!今度は牛舎の掃除を体験します。牛の糞をブラシでこそげ取り、溝の中へ。なるべくキレイな状態をキープしてあげることで、牛も人間もストレスがたまらなくなるそうです。大きな牛のお尻を目の前におっかなびっくりだった娘も、一生懸命に糞をかき集めます。

乳搾り方法を説明する柿澤さん

そして、いよいよ本日のメインイベント・牛の乳しぼり。乳首をただ引っ張るだけでは、乳は出てきません。まずは、正しい搾り方を柿澤さんからレクチャー。牛は乳を搾ってもらうと、とても気持ちが良いのだそう。痛くはないと聞き、子どもたちはホッとした様子。

乳搾り体験

それではいざ、乳しぼりへ!牛の周りには甘いおっぱいの香りがふんわりと。我が子の授乳時を思い出します。「牛のおっぱいって、やわらかくて温かい!」と娘。美里さんから教わった通りおっぱいを絞ると、びゅーびゅーと勢いよくおっぱいが!バケツの中が真っ白に染まっていきます。

タンクに溜まった絞りたて乳

牛乳が入ったタンクに触れると、「あったかい!」と子どもたち。搾りたての乳は残念ながらその場で飲むことはできませんが、その温もりに触れることも貴重な体験です。

羊との触れ合い体験

乳しぼり体験の後は、羊たちとのふれあいタイム。餌は特に用意されていませんが、柵の近くに生えている草は食べさせても大丈夫とのこと。「メエ~メエ~」と人懐っこい羊たちに、子どもたちも大喜びでした。

ふれあい体験の紙芝居

最後に紙芝居を読んでいただき、約2時間の「ふれあい体験」は終了。牛をモチーフにしたかわいらしいお土産ももらえて、子どもたちは大満足。
「いただきます、は命をいただくということ」その意味をからだで知ることができる貴重な2時間でした。

柿沢ファームの乳牛

楽しくて、勉強になる!
茅ヶ崎『かきざわ牧場』ふれあい体験の申し込み受付中!

『かきざわ牧場』はJR茅ケ崎駅から3.4キロ、茅ヶ崎市甘沼の閑静な住宅地にある酪農場。1月から4月の土日に、牛の餌やりや乳しぼりができる「ふれあい体験」を開催します。

牛の餌やり・乳しぼりのふれあい体験

体験には開催日の1週間前までに予約が必要です。「ふれあい体験」の開催日等の詳細、ご予約方法は下記ページをご覧ください。


搾りたての生乳の味を、アイスクリームで!

牛の乳しぼりを体験した後は、牧場入口にあるアイスクリームショップ「Persimmon(ペルシモン)」で、美味しいアイスクリームを召し上がれ!

牧場アイスクリーム

1個380円

「ペルシモン」では、かきざわ牧場の生乳を使用している「Plenty‘s(プレンティーズ)」のアイスがずらり!搾りたての乳の味が楽しめるミルクをはじめ、いちご、バニラなどの定番のフレーバーに加え、期間限定の味が数種類並びます。テーブルと椅子もあり、その場で食べることができますよ。

牧場アイスクリームを食べる子ども

搾りたての牛乳を、毎朝欠かさず取りに来るという「プレンティーズ」。搾った生乳が、翌日アイスクリームになってお店に並ぶとのことで、まさに新鮮そのもの!『かきざわ牧場』の牛乳の美味しさを、存分に味わうことができますよ。

Persimmon(ペルシモン)
営業時間 火・木 14:30~16:00、土・日・祝 10:30~16:00
営業時間等の詳細は公式Instagramをご確認ください。
駐車場 あり(2台)

ふらっと立ち寄れるのが、『かきざわ牧場』の魅力

住宅地にあることで、もともと地域の人との距離が近かったという『かきざわ牧場』。近くの保育園のお散歩コースにもなっているそうです。

かきざわ牧場のふれあい体験見学

「ふれあい体験」は事前の予約が必要ですが、『かきざわ牧場』の見学エリアなら予約不要。取材中も近所の親子が訪れていました。「みなさんに来てもらえるのがうれしいですね。散歩がてら立ち寄っていただけたら」と柿澤ご夫妻は微笑みます。

かきざわ牧場の運動場

運動場では、間近で牛に会うことができるかも。触れることはできませんが、愛らしい牛に心が癒されます。

かきざわ牧場と子ども

「牧場に、ちょっと散歩に出かけよう!」そんな気軽な気持ちで出かけられるのも、『かきざわ牧場』の魅力。ぜひ、お子さんと一緒にお出かけくださいね。

※牧場の作業内容によっては、見学ができない場合があります


ライター:honobono
夫の転勤であこがれの地、湘南へ。茅ヶ崎在住。湘南の太陽をいっぱい浴びて、美白とは縁遠い生活を満喫中。湘南で子育てを楽しむヒントを、お母さん目線で提案していきます。
茅ヶ崎子育てインフォメーション
湘南の子ども習い事
湘南の美味しいお土産

おすすめ記事

  1. ソレイユの丘・収穫体験とパン作り

    収穫体験にパン作り。横須賀『ソレイユの丘』は、冬でも思いっきり楽しめる!

  2. 茅ヶ崎・筋膜リリースサロンREVIVER(リバイバー)

    茅ヶ崎・筋膜リリースサロン『REVIVER(リバイバー)』で肩こりや顔のたるみを撃退!

  3. 子どもと楽しむ湘南のスーパー銭湯&日帰り温泉

  4. 城ヶ島観光

    三崎・城ヶ島は、磯遊び&観光スポット満載!自然の中で遊び尽くそう!

  5. お店の様子

    鎌倉『メッゲンドルファー』で、親子で楽しめるしかけ絵本を探しに行こう

  6. ラクサ

    茅ヶ崎で話題のラクサ専門店『いただきます食堂』の広々としたお座敷でお子さまと一緒に異国の気分に