藤沢『井出トマト農園』のトマト狩りで、完熟トマトを存分に味わおう!

藤沢市北部の宮原エリア、寒川町のほど近くにある『井出トマト農園』。1930年から現在まで、約90年もの間トマトの栽培を続ける、歴史ある農園です。

井出トマト農園のトマト

『井出トマト農園』で生産しているトマトは10品種以上!大玉から中玉、ミニトマトや房どりトマトといった生食用トマトから、ケチャップやジュースなどのオリジナル加工品もあります。

トマトハウスと子ども

とくにおすすめしたいのが、毎年11月下旬から翌年7月上旬まで開催される「トマト狩り」。子どもと一緒にトマトハウスの中で13品種のトマトを収穫体験できて、しかもその場で食べ放題で楽しめます。

そこで、筆者親子が実際に「トマト狩り」を体験した様子をリポートしつつ、『井出トマト農園』の美味しいトマトと各種商品をご紹介します!

温暖な環境と清涼な伏流水で育った、安全で美味しいトマト

『井出トマト農園』は、藤沢市北部に約6,000坪の敷地面積を持つトマト農園です。

井出トマト農園代表・井出さん

今回お話を伺った、代表の井出寿利さん

ここ湘南でも特に平地が広がる藤沢市は、晴天が多く日射量が比較的多いので、トマト栽培に適した気候なのだそう。また、丹沢山系の清涼な伏流水を井戸水として汲み上げて使用しています。
農薬の使用も極力控えながらも虫などがつかない工夫をし、衛生的なハウスで苗から収穫まで一貫生産。安全で新鮮、栄養たっぷりのトマトを育てています。

井出トマト農園のミニトマト

また、生食で美味しく食べられる時期=完熟まで待ってから収穫するのが『井出トマト農園』のスタイル。トマト本来の甘みと酸味のバランスが取れた、旨味たっぷりのトマトが味わえます。

種類豊富なミニトマト

そんな『井出トマト農園』で生産しているトマトは、「桃太郎」といった大玉トマトから、黄色や緑といったカラフルなミニトマトまで10種類以上。季節によって、その時々の旬のトマトを一年中楽しめます。

トマト農園内の直売所

農園内にある直売所には、さまざまな種類の取れ立て新鮮なトマトに加えて、トマトケチャップやトマトジュースなどの加工品も並びます。取材時も、ひっきりなしにお客さんが商品を求めて来店していました。


13品種のトマトが食べ放題の「トマト狩り」を体験!

毎年11月下旬から翌年7月上旬の期間、『井出トマト農園』のトマトハウスでは「トマト狩り」が楽しめます。60分間の時間制で13品種のトマトをその場で食べられて、収穫したトマトはお土産として購入することもできます。

息子と一緒に体験してきた「トマト狩り」、その模様をご紹介します!

トマト狩りの説明をするスタッフ

直売所にて受付を済ませ、スタッフの方の案内に従い、手指の消毒を済ませてトマトハウスに入ります。
まずは栽培されているトマトの品種と場所など、トマト狩り全般の説明があります。

トマトの食べ頃の見分け方

そして、食べ頃のトマトの見分け方と取り方を、実際のトマトで教えてもらいます。
完熟の食べ頃トマトの見分け方は、なんといっても色の濃さ。同じ房でも、色が濃いものを選ぶといいそう。

トマトのヘタのふくらみ

もうひとつのポイントが、ヘタが90度近く、直角に曲がっていることも食べ頃のサイン。

トマトの収穫

トマトを手のひらで包み込み、ヘタの曲がった部分を反対方向に優しく折るようにすると、ぽきっと簡単に収穫できます。

収穫したミニトマト

息子も、ハサミで切って収穫するとイメージしていたので「こんな簡単に、しかも手で取れるんだ!」と大喜び。
これなら、小さいお子さんでも安心して収穫できますね。

収穫したミニトマトを試食する子ども

農薬も極力使用していない、そのまま食べても安心なトマトなので、ヘタを外してパクリ!「甘―い!」と歓声を上げていました。
ちなみに、外したヘタはそのまま通路に捨ててOK。ただし、食べかけのトマトはハウスの入口に設置されているバケツに捨てるのがルールです。

サングリーンという品種のミニトマト

写真は、薄緑色のミニトマト「サングリーン」という品種。完熟になるほど深い黄緑色になっていくそう。もちろん、緑色でも甘い味わいです!

中玉トマトのフルティカ

写真は、ピンポン玉サイズの中玉トマト「フルティカ」。ジューシーながら、果肉の歯ごたえもしっかりあり、食べ応えのあるトマトでした。

ミニトマトのハニードロップ

そして、日本で栽培しているのは『井出トマト農園』だけという、オランダ生まれの「ハニードロップ」。キャンディーサイズの丸玉ミニトマトで、甘いながらもすっきりした味わいが口の中に広がります。甘味と酸味、食感のバランスがとれていて、トマトが苦手な子どもでも「ハニードロップ」なら食べられるという声も多いそう。

トマトを袋に入れる子ども

収穫したトマトは「大玉」「中玉」「ミニ」のサイズごとに袋に入れて、量り売りで持ち帰りも可能です。
「ハニードロップ」が一番気に入った息子は、「お父さんのお土産にする!」と張り切って収穫していました。

大玉サイズの桃太郎トマト

大玉サイズの「桃太郎」は、その場で食べるには大きかったので持ち帰り用に収穫。
トマト狩りで収穫したトマトの持ち帰り料金は、直売所で販売されているトマトより割安な価格設定だそう。自宅でも味わうなら、トマト狩りの時に収穫しておくことをおすすめします!

トマト狩りのトマト農園

収穫する楽しみと、13品種のトマトが食べ放題の「トマト狩り」。甘さや酸味、皮と果肉の弾力など、品種ごとにそれぞれ違いがありました。息子とその違いを話したり、「完熟はどれかな?」と探したり、お気に入りをお土産用に収穫したり。思い出に残る、楽しい時間を過ごすことができました。

ハウスだから雨天でも安心。ハウス内は車いすでも通れる通路の幅なので、ベビーカーでも入場できます。ただし、とくに夏は暑いので帽子やタオル、飲み物を忘れずに!

井出トマト農園 トマト狩り情報

期間毎年11月下旬~翌年7月上旬 ※2022年は7月10日(土)まで
時間10:00~15:00の60分間 (最終受付14:00)
料金大人(高校生以上) 1,300円 子ども(小中学生) 600円 幼児(4歳以上) 400円、3歳以下無料
持ち帰り料金(100gあたり) 大玉トマト70円前後、中玉トマト110円前後、ミニトマト170円前後
※持ち帰り料金は目安で、時期により変動します。
予約方法【WEB予約】公式WEBサイトの「予約カレンダー」よりご予約ください
※当日は朝10:00まで予約できます。以降は電話で予約ください。
【電話予約】0466-65-0719にてご予約ください (9:00~16:30)


取れ立てトマトから加工品まで並ぶ直売所もチェック!

トマト狩りに訪れたなら、農園内にある直売所もチェックしておきましょう。

農園で収穫された旬のトマト

農園で収穫された、さまざまな品種の旬のトマトがずらりと並びます。なかには、トマト狩りにはない品種もありますよ。

また、直売所で注目なのが農園で収穫されたトマトを使った、オリジナルの各種加工品。保存料や化学調味料は使わず、素材を生かした丁寧な調理法で作られています。

桃太郎トマトケチャップ

桃太郎トマトケチャップ(300g)972円

写真は、井出社長がご自分の娘さんに食べさせたいと開発した「桃太郎トマトケチャップ」。農園で収穫した完熟桃太郎トマトを6時間煮詰め、塩とりんご酢、一味唐辛子のみで味付けし、さらに1カ月熟成させています。
ナポリタンやオムライス、野菜炒めの味付けにもおすすめで、オムレツやハンバーグなどのソースとしても活用できます。

桃太郎トマトジャム

桃太郎トマトジャム(200g)626円

クリームチーズやヨーグルトとの相性抜群の「桃太郎トマトジャム」は、まさにトマトのデザートといった味わい。ベテランの職人が、大鍋で焦がすことなく丁寧に煮詰めて作っています。

高濃度ミニトマトジュース

高濃度ミニトマトジュース(180ml)460円

最盛期に収穫したフレッシュなミニトマト「キャロルクイーン」「アイコ」「ピッコラルージュ」の3品種をブレンドした「高濃度ミニトマトジュース」。原材料はトマトのみとは思えないほど、甘くて濃厚なジュースです。

湘南トマトカレー

「桃太郎トマトケチャップ」をたっぷり使い、老舗食品メーカーさんと共同開発した「湘南トマトカレー(150g / 535円)」「湘南トマトハヤシ(150g / 535円)」もあります。
筆者も自宅でカレーを試してみましたが、辛さも控えめで「美味しい!」と家族にも好評でした♪

『井出トマト農園』で美味しいトマトをたっぷり楽しもう!

取れ立て新鮮トマトをトマト狩りや直売所で楽しめて、さらに美味しいトマトを贅沢に使った加工品も豊富な『井出トマト農園』。

桃太郎トマトを使ったトマトリゾット

桃太郎トマトを使ったトマトリゾット

農園の公式ブログには、トマトや加工品を使ったオリジナルレシピやトマトの保存方法など、トマトに関する情報が満載です。

青空満点セット

青空満点セット4,800円(配送料無料)

また、オンラインショップではトマトや加工品の取り寄せもできて、各種詰め合わせセットをギフトとして贈ることもできます。
写真の「青空満点セット」は、「桃太郎トマトケチャップ」2本と大玉トマト2.3kg分、ミディトマト「フルティカ」300g×1袋、ミニトマト「キャロルクイーン」200g×1袋と、充実の内容。のしやメッセージカードを添えることもできますよ。

とれたてのトマトを食べる子ども

『井出トマト農園』のさまざまな品種の美味しいトマトたち。そのスペシャルな味わいを、トマト狩りでもご自宅でも、ぜひご堪能ください!


ライター
ライター:jpbanana
家族は夫・息子・犬一匹。東京→逗子生活も10年以上経過。海で泳ぎ、川で魚を探し、緑の中で虫採り。これからも子どもと一緒に楽しい発見をして、たくさんのママとシェアできたら嬉しいな。
湘南のテイクアウト情報
湘南の美味しいお土産

おすすめ記事

  1. 大仏様

    鎌倉をさくっと半日旅行!大満足のモデルコースを紹介します

  2. 【藤沢土産】お取り寄せもOK!藤沢の定番&おすすめの逸品

    【藤沢土産】お取り寄せもOK!藤沢の定番&おすすめの逸品

  3. 江ノ電で鎌倉日帰り観光『和菓子と温泉』の子連れ旅

    江ノ電で鎌倉日帰り観光!「和菓子&温泉」を楽しむ、冬の鎌倉子連れトリップ

  4. 茅ヶ崎・レンタルスペース&カフェ『Holiday Village(ホリデービレッジ)』の外観

    茅ヶ崎のレンタルスペース&カフェ『Holiday Village(ホリデービレッジ)』で親子の時間を!

  5. まるで、おばあちゃんの家のような居心地の良さ。鵠沼『おうち食堂 WaWaWa』で、藤沢野菜を満喫しよう!

  6. 葉山のビーサン・ビーチサンダル専門店「げんべい」の親子ビーサン

    葉山『げんべい商店』のビーチサンダルで、夏の足元はキマリ!

  7. Mohini(モヒ二)さん

    インタビュー:ヨガ講師 Mohini(モヒ二)さん

  8. 湘南の美味しいデリ13選~クリスマス・お正月

    湘南の美味しいデリカテッセン13選~クリスマスやお正月を豪華に楽しもう!

  9. ことのいち鎌倉

    江ノ電鎌倉駅『ことのいち鎌倉』は、子どもが喜ぶ江ノ電グッズがいっぱい!