GARB(ガーブ)江ノ島で子どもと楽しむ、素材を活かした真っ直ぐな味とオーシャンビュー

小田急線片瀬江ノ島駅から歩くこと約3分、江ノ島を目前に望む国道134号線沿いに見えるテラス席のパラソルが印象的なGARB(ガーブ)江ノ島。
海岸線の澄んだ空気にマッチした開放感溢れる店構えに期待が膨らみます。

GARB(ガーブ)江ノ島の外観

ここGARB(ガーブ)江ノ島では海と空と江ノ島を望む絶好のロケーションで、窯焼きピッツァと豊かな自然に育まれた旬の食材を味わうことが出来ます。

GARB(ガーブ)江ノ島全席で楽しめる、圧倒的な開放感

GARB(ガーブ)江ノ島の店内

GARB江ノ島は3フロアに分かれており、フロアごとに様々な使い方が出来るのが特徴です。
プロジェクターやマイクが完備された2階、3階は忘年会や二次会に、屋上階は春夏にはバーベキューを楽しむことができるようになっています。PTAや習い事の集まりなどで貸切で使われる方も多いとのこと。

GARB(ガーブ)江ノ島の店内の様子

ベビーカーで来店される方はスタッフの方にお声がけすれば、階段の上げ下ろしをしていただけます。
南向きの大きな窓からは1日を通して光が差しているので、海や空が際立ちテラス席以外からでも美しい景色を楽しめますよ。席数も多く広々としているので、親子でゆったりと食事ができる雰囲気です。

GARB(ガーブ)江ノ島のキッズスペース

3階にはキッズスペースも完備されており、見通しのよい店内は小さいお子様が一緒でも安心して食事をすることができます。
キッズチェアも8脚用意されており、離乳食の持ち込みも可能なほか、ミルクのためのお湯もスタッフの方に伝えればもらうことができます。

GARB(ガーブ)江ノ島のトイレ

ちなみにオムツ替えシートは3階の外側お手洗いにあるので、万が一の際はこちらを利用しましょう。。

素材の味を活かすシンプルな味付けで頂く、日々厳選された新鮮な食材

GARB(ガーブ)江ノ島

GARB江ノ島では、季節や気候によって常に仕入先を吟味し、厳選された食材を使って素材の味を活かした料理が提供されています。
調理のテーマとなっているのが、GARB江ノ島が掲げる『SFV』という3つのアルファベット。
Sはソルト(Salt)、Fはフィッシュ(Fish)、Vはベジタブル(Vegetable)を意味しており、素材の味をしっかりと味わえるようシンプルでキレの良い味付けがメインとなっています。
ランチタイムにはボリューム満点の週替わりのGARB Lunch(ガーブランチ)・Pasta Lunch(パスタランチ)が人気なほか、ディナータイムになるとグラム数を選んで焼き上げるブロック肉の炭火焼や、一本魚のアクアパッツァといった豪快なメニューも楽しめます。

GARB(ガーブ)江ノ島の石窯

キッチン横のカウンター席の目の前には大きなピザ窯があり、生地から店内で手作りされている特性ピザはランチ・ディナー共に提供される人気メニューのひとつとなっています。

料理に使われる食材の産地やブランドは常に変動するため、本日の食材の産地等はスタッフの方に聞くと詳しく教えて頂けます。

今回は人気の週替わりのGARB Lunch(ガーブランチ)と、Kids Plate(お子様プレート)を頂きました。

内容が週替わりするランチプレートはボリューム満点

GARB(ガーブ)江ノ島のランチプレート

GARB Lunch(¥1,600税別)

毎週月曜日にお肉とお魚が切り替わるGARB Lunch。
今週はお肉のメニューで「鶏もも肉のポワレジンジャートマトソース」の日でした。パンもしくはライスを選ぶことができ、平日にはドリンクもサービスされます。
生姜の香ばしさとトマトの酸味が効いた濃厚なソースに、香ばしい鶏もも肉のジューシーな味わいが調和する食欲をそそられる一皿。
プレートを彩る新鮮な野菜はどれも一つ一つが大きく、SFVのテーマに添って野菜本来の旨味を感じることができるシンプルな塩味で楽しむことができました。

野菜もしっかり摂れる、親子に嬉しいキッズプレート

GARB(ガーブ)江ノ島のキッズプレート

Kids Plate(¥900税別)

こちらはKids Plate、同じくランチタイム限定のメニューなります。GARB Lunchと同じくパンまたはライスを選ぶことができ、平日はドリンクも付いてきます。

お子様プレートでもしっかりと野菜が使われており、エビフライやハンバーグに負けないほどの存在感を放っています。揚げ物の主張や脂っこさは少なく、野菜の味を引き立て美味しく味わうことができるお子様プレートに感じました。

ちなみにお子様プレートのみ、プラス100円でバニラアイスまたは季節のフルーツを付けることが出来ます。デザートも気分で選べるのが嬉しいですね。
もちろん子ども用フォークやスプーンも用意されているのでご安心ください。

明るい店内と絶好のロケーションで最高の親子ランチを

GARB(ガーブ)江ノ島のお店のスタッフ

GARB江ノ島に一度訪れれば、その店内の開放感と絶好のロケーションに「こんなに明るくて眺めがいいのか!」と地元の方でもびっくりするはず。

最高の景色とともに楽しむ新鮮な食材の数々は、まさに親子で過ごす至福のひとときです。

晴れた日に江ノ島海岸に遊びに行く際には、ぜひ親子でGARB江ノ島を訪れてみてはいかがでしょうか。


ライター
ライター:Michel
クリスタルマジシャンMichelとして全国でイベント出演をこなす傍ら、故郷湘南の魅力を発信するライターとしても鎌倉江ノ島を行ったり来たり。自然と天然石とハンモックの上をこよなく愛する、マイペースな湘南ボーイ。


ママモアナセレクト

湘南で一番好きなアイスとかき氷

おすすめ記事

  1. まるで、おばあちゃんの家のような居心地の良さ。鵠沼『おうち食堂 WaWaWa』で、藤沢野菜を満喫しよう!

  2. 鵠沼海岸のおにぎり専門店『鵠沼ライス』

    鵠沼海岸『KUGENUMA RICE(鵠沼ライス)』のおむすび片手に湘南散歩へ出かけよう!

  3. 江ノ電が通り過ぎる様子

    江ノ島・片瀬の『ミンナミ食堂』で江ノ電を眺めながら味わう炭火焼料理

  4. 茅ヶ崎の移動パン屋さん「くにぱん」

    茅ヶ崎・サザンビーチ近くの『くにぱん』は移動販売するパン屋さん!

  5. 鎌倉のカフェ・ケーキ『POMPON CAKES(ポンポンケークス)』のキャロットケーキとミルク

    鎌倉・梶原『POMPON CAKES(ポンポンケークス)』のケーキは、子どももママも大満足!

  6. BoulangerieYui

    みんなを笑顔にする藤沢のパン屋さん『Boulangerie Yui(ブーランジェリー・ユイ)』

  7. 茅ヶ崎のレストラン・サザンビーチカフェ

    湘南・海前のカフェと言えば茅ヶ崎『Southern Beach Café(サザンビーチカフェ)』

  8. very veggy

    湘南初のサラダ専門店!藤沢の『very veggy by BRUNCHES』地産地消の新鮮野菜でカラダの中から美しく健康に

  9. お店の外観

    江ノ島オーシャンフロント絶景カフェ「SUNCAFE PARADISE(サンカフェパラダイス)」