辻堂駅西口『食パン工房 fluffy(フラフィー)』で、体に優しくおいしい食パンを

辻堂駅西口(南側)から徒歩3分の浜竹通りにある『食パン工房 fluffy(フラフィー)』。かわいらしいこちらのお店は、天然酵母を使った無添加食パンの専門店です。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の外観

今年で開店から9年目を迎え、口コミで食パンのおいしさがどんどん広がり、今では地元の人たちに愛されるお店に。実は筆者もこちらの食パンの大ファンです。
今回は店主の佐藤 博さんと奥様の貴子さんにお話をお伺いしてきました。




『fluffy(フラフィー)』のパンはすべて、こだわりの素材で丁寧に手作り

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の店主ご夫婦

店主の佐藤 博さんと奥様の貴子さん

「毎日食べたい、食べられる食パンを提供していきたい。それには安心・安全であるほうが体にとっていいと考えています」という店主の佐藤さん。『fluffy』の食パンづくりには、素材への並々ならぬ佐藤さんのこだわりがありました。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のパン酵母

『fluffy(フラフィー)』のパンは合成添加物やイーストフードなどを一切使わず、天然酵母のみを使用。米由来の酵母を国産小麦や国産減農薬米、麹で育てた「ホシノ天然酵母パン種」をブレンドし、お店で独自培養しているのだとか。このひと手間が、発酵力が弱いとされる天然酵母をより力強くし、パンの味をまろやかにしてくれるのだそうです。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の国産バター

一般的な食パンに使われるマーガリンやショートニングといった油脂も、『fluffy』のパンは不使用。北海道産の「無塩よつ葉バター」のみ使用しています。良質な国産バターを少しだけ使うことで、トランス型脂肪酸含有率を海外規制値以下に抑えているそう。トランス脂肪酸が気になる方でも、『fluffy』の食パンなら安心して食べることができますね。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の製造工程

ゆっくりと丁寧に作られるのも『fluffy(フラフィー)』のパンの特徴。天然酵母種を培養するのに通常5日間、さらにパン生地発酵に18時間~20時間もの時間がかかるとか。そしてこねる、丸めるといった作業もすべて手作業で行われます。種の培養、配合、発酵、素材、レシピ工程全てが『fluffy』のオリジナルなので、他店では絶対に出会えません。

良質な素材へのこだわりと手間ひまが、『fluffy(フラフィー)』の食パンのおいしさを生みだす所以と言えそうです。

かわいい店内には、いろいろな表情の食パンがいっぱい!

約2坪というコンパクトな店内に足を踏み入れると、様々な食パンが並びます。食パンってこんなに種類があったかしらと、驚いてしまうほど。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の食パン

左手のショーケースの上には、2斤型焼きの食事パンがすらり。定番の「プレミアム食パン」、「グラハム食パン」、「黒糖食パン」、「レーズン食パン」、「ごま食パン」の5種類が並び、日曜日には限定で「玄米食パン」も登場します。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の1斤型焼きパン

右手には食事パンよりも少し小ぶりな、1斤型焼きのバラエティパンが。おやつにぴったりな甘いパンから食事にもなりそうな塩味系のパンまで、多彩な味わいが揃います。期間限定の味も多いので、気になるパンを見つけたら迷わず買うのがおすすめですよ。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の食パンや菓子パン

ショーケース内には食パンのみならず、調理パンや菓子パン、おやき、スコーンがいっぱい!『fluffy』があった場所はかつて和菓子店だったこともあり、餡が好きな人向けにこだわって作ったというあんぱんも食してみたい一品です。

『fluffy(フラフィー)』自慢のパンたち、実際にいただきます!

まずは、定番の食事パンから。どの食パンにしようか迷ってしまうなら、3種類の食事パンが楽しめる「食パン3種ミックス」がおすすめです。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の食パン3種ミックス

プレミアム食パン、レーズン食パン、グラハム食パンのセット 390円

まず看板商品の「プレミアム食パン」。ふわふわとした柔らかな口当たりが、幸せな気分にしてくれます。くせがなくすっきりとした味わいなので、どんな食事にもマッチ。少し厚めにカットして、トーストしてバターを塗って食べるのがおすすめなのだとか。
小麦の全粒粉が入っている「グラハム食パン」は、トーストすると香ばしさがグンとアップ。そのまま食べても、小麦のしっかりとした味わいが感じられます。
「レーズン食パン」は、レーズンがたっぷり入ってジューシーな味わい。生地に使っている黒糖の味わいに、レーズンの酸味がよく合います。

続いては、バラエティパンを。佐藤さんが「こんなパンが食べたい」と思い立った時に生まれるバラエティパンは、どれも個性豊かな味わいばかり。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のバラエティ食パン

マロンマロン 380円(1/2本)

今の季節にぴったりな「マロンマロン」は、毎年人気の季節限定商品。口に入れた途端、ふんわりと栗の味わいが広がります。程よい甘みで、子どものおやつにもぴったり。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のチーズ食パン

ほうれん草とベーコンのチーズパン 380円(1/2本)

「ほうれん草とベーコンのチーズパン」は、冬の新商品。チーズがゴロゴロと入り、ほうれん草の甘味とベーコンのうまみが相性抜群。パン表面のこんがり焼かれたチーズが、風味とコクをアップしています。こちらは、ワインのお供にも!

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のクロックムッシュ

クロックムッシュ 210円(1カット)

「クロックムッシュ」も人気の一品。食パンの間に自家製ベシャメルソース(ホワイトソース)、ハム、チーズを挟み込んでパンの上からチーズをのせてこんがり焼いてあります。こちら、食べる前にフライパンで軽く焼いてから食べると、さらにおいしく。カリカリ食感のパンの間から、クリームがとろけだし絶品です。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の栗あんぱん

栗あんぱん 200円

コロンとした栗のようなフォルムが愛らしい「栗あんぱん」。栗あんを贅沢に包み、栗そのもののおいしさが感じられます。こちらは期間限定なので、お早めに!

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のスコーン

クランベリー&ホワイトチョコチップのスコーン 165円

ベーキングパウダーを使用しないスコーンは、天然酵母で作られているためもっちりとした食感が特徴。クランベリーの甘酸っぱさとホワイトチョコレートの甘みの相性は抜群です。お茶のお供はもちろん、朝食にも合いそうです。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』のスコーン

1,000円以上お買い上げで、スコーンを一つプレゼント。クランベリー&ホワイトチョコチップ、チョコチップ&オレンジ、キャラメルアーモンド、ハニーレモン(冬季はジンジャー)からチョイスできます。




辻堂に来たなら、こだわりの食パンをぜひおみやげに!

「毎日子どもが口にするものは、身体に優しいものを選びたい」というのは、多くのママたちの願いだと思います。
その願いをかなえてくれるのがこの『fluffy(フラフィー)』のパン。安心安全な素材を使用しているということに加え味もおいしいというのは、家族の食を守るママにとってうれしいですよね。

辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の看板

浜竹通リにあるこの看板が目印

家族みんなで楽しめる『fluffy』のパンは、ご自宅用はもちろんお土産としても喜ばれることうけあい。この看板を目印に、ぜひお立ち寄りくださいね。

ライター:honobono
夫の転勤であこがれの地、湘南へ。茅ヶ崎在住。湘南の太陽をいっぱい浴びて、美白とは縁遠い生活を満喫中。湘南で子育てを楽しむヒントを、お母さん目線で提案していきます。


ママモアナセレクト

湘南で一番好きなアイスとかき氷

おすすめ記事

  1. BoulangerieYui

    みんなを笑顔にする藤沢のパン屋さん『Boulangerie Yui(ブーランジェリー・ユイ)』

  2. 茅ヶ崎のテイクアウト・デリバリーができる飲食店

    茅ヶ崎でテイクアウト・デリバリーができる美味しいお店

  3. GARB(ガーブ)江ノ島で子どもと楽しむ、素材を活かした真っ直ぐな味とオーシャンビュー

  4. 湘南で一番好きなかき氷&アイス 逗子 くじらぐも

    逗子『くじらぐも』で コーヒーとベーグル、ソフトクリームを

  5. 鎌倉の親子カフェ『MISORA cafe(ミソラカフェ)』で、子どもと一緒に無農薬野菜を楽しもう!

  6. 葉山・湘南国際村のカフェ『アーセンプレイス』のテラス席

    葉山・湘南国際村のカフェ『アーセンプレイス』で子どもと過ごす穏やかな時間

  7. 茅ヶ崎の移動パン屋さん「くにぱん」

    茅ヶ崎・サザンビーチ近くの『くにぱん』は移動販売するパン屋さん!

  8. テイクアウトできる湘南のクリスマスデリ特集

    湘南のおいしいデリを厳選。クリスマスディナーをテイクアウトで華やかに!

  9. 江ノ電が通り過ぎる様子

    江ノ島・片瀬の『ミンナミ食堂』で江ノ電を眺めながら味わう炭火焼料理