逗子で沖縄料理をゆっくり堪能!『サンサンゴゴ』に赤ちゃんとゴーゴー☆

JR逗子駅、京急線逗子・葉山駅から徒歩5分。逗子海岸に向かう途中、つい足を止めてしまうかわいい店構えの沖縄料理店『サンサンゴゴ』があります。

沖縄料理店『サンサンゴゴ』のエントランス

逗子・葉山駅近くの人気店『沖縄ごはん くくるやー』の姉妹店として、2016年8月にオープン。
1階はテーブル席、2階はお座敷でねんねの赤ちゃんでも安心。

子連れでも居心地の良いお座敷、テーブル席

子連れでも入りやすく、居心地抜群の空間なんです。わが家も息子連れのごはんで、何度お世話になったことか。

おむつ替えスペース

2階のお座敷横には、おむつ替えスペースもあります。

体に優しい食材で栄養満点、ビューティフルな沖縄料理がずらり!

それでは早速、この店に何度も訪れている著者オススメのお料理をご紹介します。

まずは食べ応え満点!私も大好きな「ラフテーと鎌倉野菜のプレート(税込1,100円)」。

ラフテーと鎌倉野菜のプレート

濃厚に煮込まれたやわらかいラフテーと、鎌倉野菜たっぷりのサラダに自家製ドレッシングをかけて。この日のドレッシングは、大根・ビーツ・にんじん・シークヮーサーを使ったもの。スープともずく酢付きです。

さっぱりヘルシーなランチメニューとして人気なのが、沖縄名産の海ブドウが堪能できる「海ブドウとマグロの漬け丼(税込1,100円)」。

海ブドウとマグロの漬け丼

黒米の上に、プチプチ食感の海ブドウとしっかりした旨味が味わえるマグロの漬けをふんだんに!こちらも、スープともずく酢が付いています。

お子さまとのシェアにオススメなのがボリューム満点の「沖縄天丼(税込1,100円)」。

沖縄天丼

スープを、ミニそば(追加220円)に変更すれば、小さい子どもとシェアするには十分な量!

『サンサンゴゴ』には、お野菜たっぷりでママも嬉しいお子さまメニューも。

お野菜たっぷりのお子様プレート

黒米、サラダ、ポテト、コロッケ、ラフテーにドリンクも付く「お子様プレート」(税込715円)。コロッケ、ラフテーに加えて、子どものテンションUPのツイスターポテトも!腹ぺこKidsも大満足、パクパク食べやすいものばかり。

お料理の数々は、運ばれてきた瞬間「わーっ!」と歓声も気持ちも上がるような盛り付けや、食器との色合いなどにもこだわっているそう。
ビタミン・ミネラルが豊富に含まれる黒米やもずく酢。きちんと取られた出汁を使ったおそばやスープも滋味深く、体だけでなく心まで満たされちゃいます。

実は『サンサンゴゴ』。お料理だけではなく、沖縄を感じる本格スイーツが絶品なのです!どんなにお腹がいっぱいでも、スイーツは別腹(笑)。

またカフェ利用だけでもOKなので、著者はこの店のパフェが大好きな息子と、パフェを頂きながら午後のひと時を楽しむこともあります。

サンサンゴゴパフェ

「サンサンゴゴパフェ(税込770円)」は、コーヒーゼリー、さんぴん茶のプリン、ブルーシールアイス(さとうきび)など、沖縄がギュッとつまったパフェ。優しい味だから、食後でもさらさらっと食べられちゃうので、毎回、息子と奪い合っています!(笑)

ほかにも季節限定のパフェや、おやつ三点盛りなどもありますよ。

新しい試み、「サンサンゴゴに、赤ちゃんとゴーゴー☆」イベントに潜入!

そしてこの日は、昨年12月からスタートした「『サンサンゴゴに、赤ちゃんとゴーゴー☆』赤ちゃんと楽しむ 外ごはんの日」にお邪魔してきました。
「お店がごはんを通して、何かチカラになれることがあるとしたら・・」と、スタッフの方たちの想いから始まったこのイベント。0~1歳の子どもと保護者を対象に、手遊びなど親子で遊んだ後、美味しいお料理とおしゃべりを楽しめるランチタイムが過ごせます。

親子遊びタイム

親子遊びタイムでは、透ける素材のカラフルな布に赤ちゃんも子どもも釘づけ!その穏やかな姿に、見てるだけで癒されちゃう!!

保育士経験のあるスタッフによる親子遊び

保育士経験のあるスタッフが、親子で簡単に楽しめる遊びをたくさん教えてくれます。

親子遊びタイム後の親子ランチ

そしてお待ちかねのランチタイム。お座敷だから、赤ちゃんはゴロゴロしていても大丈夫!

離乳食は持ち込みOKなので赤ちゃんも安心

離乳食は持ち込みOK!保存容器に詰めてきたものを、お店の方がレンジで温めてくれました。ちょっとした気遣いが嬉しいですよね。

子どもはおもちゃでお遊び中にママはランチ時間

子どもが歩き回ってしまったら、スタッフがそっとおもちゃを出して遊びの相手を。その間、ママはゆっくりお料理を味わえます。

参加していた皆さん一様に、「美味しいごはんをゆっくり食べられた」「子どもと楽しく遊べた」との感想。「今度はパパも一緒に夜ごはんを食べに来たい」という意見もありました。

たとえ小さな子どもを連れて行きやすいお店でも、やはり気は遣ってしまうもの。

今回のイベントのように同じ赤ちゃん連れしかいない状況なら、初めて会う人とでも気兼ねなく過ごせますよね。そして美味しいごはんを食べながら悩みや不安も共有できたら、もっと肩の力を抜いてリラックスできるはず。ここでの縁がきっかけで、また一緒にランチに来ることができたりしたら素敵ですね!

昼でも夜でもいつだって。ゆっくり美味しい料理を楽しんでもらいたい

(左から)スタッフの長坂 修さん、店長の宇野 未喜三さん、イベントをサポートしていたスタッフの篠原 千奈さん

「赤ちゃんとの外食は不安・・・」「泣いたら迷惑がかかるかな・・・」

そんな気持ちはちょっと横に置いて、栄養たっぷりの美味しいごはんを食べながら、ゆっくりくつろいでもらいたいとスタッフの方々。
「お子さん連れではなかなか難しいかもしれませんが、夜もオープンしているので早い時間にさっと食べていただくのも大歓迎です!」
確かに!丁寧に作ってもらった美味しいごはんを子どもと楽しく食べて、あとは帰って寝るだけの日があったら最高!!

「お子さんに、ごはんを楽しく食べる記憶がたくさん残ってくれるといいな。そのお手伝いがお店としてできたらとっても嬉しいです」と話してくださったのが印象的でした。

今後の「サンサンゴゴに、赤ちゃんとゴーゴー☆」の開催については、Facebookをチェックしてくださいね。

もちろんイベント以外でも気軽にゴーゴー☆!わが家も、やんちゃboyを連れてまた食べに行きます!

店舗情報

店名サンサンゴゴ
住所〒249-0006 神奈川県逗子市逗子5-4-35
電話番号046-897-0814
営業時間ランチ・カフェ 11:00~15:00 ディナー 17:30~22:00
定休日月曜日、第3火曜日
SNSfacebook

地図

ライター
ライター:jpbanana
家族は夫・息子・犬一匹。東京→逗子生活も10年以上経過。海で泳ぎ、川で魚を探し、緑の中で虫採り。これからも子どもと一緒に楽しい発見をして、たくさんのママとシェアできたら嬉しいな。


関連記事

  1. お店の外観

    江の島オーシャンフロント絶景カフェ「SUNCAFE PARADISE」

  2. ほうれん草のチーズカレー

    わざわざ行きたくなる大磯の古民家カレー屋さん「CHAIRO」

  3. 米田さん

    日々の喧騒を忘れ鎌倉『腰越珈琲』でゆっくりと過ごす贅沢時間

  4. 逗子『SUPREME 柔術アカデミー』で幼児から学べるブラジリアン柔術を体験!

  5. 無農薬野菜を使った料理を子供と一緒に楽しめる鎌倉の親子カフェ

  6. 絵本を読んで元気になろう!