葉山『DELI & RESTAURANT GOOD STOCK(グッドストック)』で美味しいデリ&ランチを堪能!

国道134号線の葉山大道交差点を横須賀方面へ、葉山の一色に2021年10月にオープンした『DELI & RESTAURANT GOOD STOCK(グッドストック)』。
「DEAN&DELUCA(ディーン アンド デルーカ)」元総料理長が手がける、デリカテッセン&レストランです。

葉山グッドストックの店舗外観

1960年代のクラシックなアメリカングロッサリーをイメージしたお店の外観は、通りからもひと際目立つ佇まい。

葉山グッドストックの店内

美味しいデリやランチが味わえると、オープン間もなくしてひっきりなしにお客さんが訪れる葉山界隈では話題のお店です。
そんな『GOOD STOCK(グッドストック)』の魅力と、お店が提供している笑顔が溢れる食卓に迫ります!

デリにマーケットにレストラン!あらゆる食が詰まった店内

『DELI & RESTAURANT GOOD STOCK(グッドストック)』は、テイクアウトもできるデリ、食材やオリジナルのお茶などの販売、そしてランチやお茶が楽しめるレストランを兼ねそろえているお店です。

葉山グッドストックのデリカテッセン・惣菜

入口のショーケースには、ランチでも味わえる「7種のデリの盛り合わせ」も含まれた、彩り豊かで美しいデリの数々。生ハムやチーズが並ぶ冷蔵ケースもあります。

葉山・グッドストックのマーケットスペース

葉山の養蜂園のハチミツ、お店でも使用している調味料、自家製ブレンドのハーブティーなどが購入できるマーケットは、発見がいっぱいで見ているだけで楽しい!
お店のロゴがプリントされた「トートバッグ(1,200円)」がかわいくて、思わず筆者も購入。早速、日々の買い物に活躍しています。

葉山グッドストックのレストランスペース

広いレストランスペースはお店の入口から段差がないので、ベビーカーで入店してそのまま席に着くことが可能。子連れに嬉しいポイントです。

葉山グッドストックのオープンキッチン

そして、一番奥には開放的なオープンキッチンが続きます。
このように、店内には仕切りがまったくない大きな箱のような空間。心地良く流れるBGMとスタッフの方の明るい接客、お客さんの談笑が交じり合い、居心地抜群のゆったりした時間が流れています。


葉山の環境に導かれて。提供したいのは笑顔が溢れる食卓

『DELI & RESTAURANT GOOD STOCK(グッドストック)』のオーナーシェフは、長い間「DEAN&DELUCA」の総料理長だった村上英寿さん。

葉山グッドストックのオーナーシェフ

中1男の子と小2女の子のパパでもある村上さん

少年時代の食体験がとても印象に残っていると話す村上さん。
「父がネクタイを締めて、母が化粧をして。向かった先はファミリーレストラン。あのときに家族で囲んだ食卓にワクワクした気持ちを今でも覚えています」と、懐かしそうに眼を細めます。

葉山グッドストックの店舗外観

料理の道に進んだ村上さんが、18年間勤めた「DEAN&DELUCA」から社内ベンチャー第一号として独立。彼が選んだのは、海と山と川がある自然豊かなここ葉山の地。
「レストランの語源は、フランス語の『レストレ(restaurer)』=『体を回復する』から。土地の力を借りながら元気を回復するための食の場所を作りたいと、ここ葉山に絞って物件を探しました」

さらに、葉山の電車も通っていない交通がちょっと不便なところもひとつのポイントだったそう。
「ゆくゆくはケータリングもやりたい。そうしたら、地理的に買い物に行きづらい高齢者の方、子育てに忙しいお母さんなど3世代に美味しい料理を届けられる。この地で、僕の作る料理が誰かの役に立つお店にしたかった」と話します。

葉山グッドストックの店舗内装工事

一年以上かけて探して出合ったのが現在の物件。
構造以外をすべて解体するスケルトン工事を行い、内装は地元の業者さんの知恵を借りながら、スタッフや仲間たちでDIY。夏の盛り、力を合わせてコツコツと作り上げていったのです。

葉山グッドストックの店舗家具

テーブルや椅子はIKEAのものをカスタマイズ

自分たちでやれることを全部やりきり、2021年9月にプレオープン。満を持して10月2日にグランドオープンを迎え、現在に至ります。

テイクアウトでもレストランでも。種類豊富で食べやすいデリ

子どもから高齢者まで、3世代が楽しめる料理を日々提供している『GOOD STOCK』。
なので、スパイスやハーブを強く効かせるような、個性的な味付けはしないと言い切る村上さん。
「初めて食べた料理でも違和感がない味、どこかで食べたことがあるような気持ちになる『記憶のどこかにある味』を意識している」と話します。

葉山グッドストックのデリカテッセン(惣菜)

デリの定番商品、写真の「バルサミコハニーチキン(1P 648円)」。
骨付き鶏もも肉を、バルサミコ・しょう油・みりんなどでマリネしてからオーブンでロースト。バルサミコを加えることで、柔らかく仕上がるそう。

葉山グッドストックのデリカテッセン「玉ねぎロースト」

「玉ねぎロースト(1P 420円)」は、丸ごと玉ねぎの中にボロネーゼを詰めて、チーズをたっぷりのせてオーブンでこんがり焼き上げた一品。玉ねぎの甘みをダイレクトに感じられます。自宅で食べるときはトースターやオーブンで焼き直すと良いですよ。

葉山グッドストックのデリカテッセン「紫キャベツのマリネ」

紫キャベツのマリネ(S・162円 / M・324円 / L・648円)

人気デリの「紫キャベツのマリネ」は、紫キャベツをオリーブオイルでソテーし、グラニュー糖と赤ワインビネガーを馴染ませることで鮮やかな紫色に。仕上げのフランボワーズビネガーで甘酸っぱさと季節の果物(写真はリンゴ)も加わり、コクがありつつシャキシャキした食感。酢の物嫌いな子どもでも食べやすいと好評です。

葉山グッドストックのデリカテッセン「鶏むね肉のコンフィ」

お店では、サラダなどに材料として使う「鶏むね肉のコンフィ」もレシピの質問が多いそう。
重量の約1%の塩をまぶして一晩寝かせたむね肉を90℃のオイルで25~30分熱し、冷めたらオイル漬けのまま冷蔵庫へ。オイルで茹でることで水分と旨みを閉じ込め、むね肉特有のパサつきもなくしっとり仕上がるそう。さまざまな料理に活用できて、オイルも炒め物に利用できます。

デリの人気商品のレシピは、少しずつお店のInstagramにも公開していくそうなので、ぜひチェックしてくださいね。

デリと料理、飲み物をゆっくり楽しめるレストラン

レストランスペースでは、ランチタイム(11:00~14:00)に前菜のデリ盛り合わせ+メイン料理を楽しめます。

葉山グッドストックの前菜・オードブル「7種のデリ盛り合わせ」

この日の前菜「7種のデリ盛り合わせ」プレート。
中央の「メンチカツ」から、「エビとアボカドのディルマヨソース」「ローステッドパンプキンサラダ」「ケールサラダ レモンドレッシング」「三浦野菜のグリル バルサミコソース」「蒸し鶏とセロリのサラダ」「鴨のスモーク キノコのマリネ添え」と充実の内容。
どのデリも優しい味付けで、それぞれの素材の味がしっかり感じられ、そのバリエーションを楽しめます。

葉山グッドストックでランチをする子ども

一番びっくりしたのは、一緒に行った息子が完食したこと!セロリやケールを食べられるかな…、キノコ嫌いなんだよな…と心配でしたが、どれも「美味しい!」とペロリ。これには、同じ年代のお子さんがいるスタッフの方も驚いていました。

葉山グッドストックの「ビーフシチューカレー」

こちらは前菜デリプレートとセットの「ビーフシチューカレー(1,700円)」。
途中まではビーフシチューの作り方で、赤ワインとデミグラスソースで煮込んだあとにカレールーやスパイスを入れていくそう。

葉山グッドストックの「ロールキャベツ」

「ロールキャベツ(1,700円)」は一日5食限定。茹でたキャベツで肉を巻いたら、ブイヨンで煮ては冷ますのを2~3回繰り返すそう。温度が下がっていくときに味が入る、煮込み料理のコツなのだとか。これまた、息子がペロリでした。

「7種のデリ盛り合わせ」にスープとパンがつく「デリとスープのランチ(1,400円)」でも十分お腹がいっぱいになるボリューム。
そのほか、デリプレート+パスタの「本日のパスタランチ(1,600円)」「今週のパスタランチ(1,700円)」もあります。

葉山グッドストックのドリンクバー

もうひとつ、ランチタイム限定のおすすめが「ドリンクバー(300円)」。自家製ハーブティーとフレーバーティー、コーヒー(ホット / アイス)が飲み放題です。

葉山グッドストックのドリンクを選ぶ子ども

息子が注いでいるのは「ローズとオレンジのルイボスティー」。隣の「レモングラスとライムのハーブティー」共に、フレッシュなハーブやフレーバーの香りを感じながらもすっきりした飲み口で料理に合うのです!
子どもが飲みやすいソフトドリンク類や、料理に合う各種アルコールのドリンクメニューもありますよ。

また、15:00~18:00ごろまでのティータイムには、そのときショーケースに並んでいるデリをレストランスペースでイートインも可能です。

こだわりの自家製ハーブティーや炭酸類も要チェック!

『GOOD STOCK』の飲料全般のプロデュースを行っているのが、ソムリエでもある山本和弘さん。

葉山グッドストックのドリンクプロデュースするソムリエ

シェフの村上さんとは20年以上の付き合いの山本さん

販売もしているワインから、自家製ハーブティーやシロップを使った炭酸類まで、お店の飲み物メニューをすべて担っています。

葉山グッドストックの自家製ブレンドハーブティー

その山本さんが手がけている商品が、自家製のブレンドハーブティー「葉山香茶」シリーズ。なるべく葉山近郊で採れる茶葉とドライハーブ・ドライフルーツ・スパイス×2と5種類の原料をセレクトし、1~12月の各月ごとの季節に合うお茶をブレンドしています。ちなみに、偶数月はカフェインなし、奇数月はカフェイン有りというルールも設けているそう。
それぞれの商品は購入できて、当月のブレンドはレストランのドリンクバーでも提供しています。

葉山グッドストックの自家製ジンジャーエール

写真はレストランで楽しめる「自家製ジンジャーエール(700円)」。取材した11月は、フレッシュなゆずが絞ってありました。
ほかにも「食事に合うコーラ(700円)」も手作りしているそう。ぜひ、飲み物もじっくり味わってくださいね。

一緒に食べる人と「美味しい!」を分かち合う幸せを

「笑顔が溢れる食卓」がコンセプトの『DELI & RESTAURANT GOOD STOCK』。
オーナーシェフ・村上さんの、「食を通して僕らが何か手助けできれば」という愛情と優しさが詰まったお店でした。

葉山グッドストックのランチを堪能する子ども

一口頬張っては「美味し~い!」と歓声を上げていた息子

今回は息子と一緒に料理をいただきましたが、二人で「美味しいねー!」と楽しい時間を過ごせたことで、「美味しい」が共有できるって幸せなことだと改めて実感しました。

葉山グッドストックのデリカテッセン(惣菜)のサラダ

ローステッドパンプキンサラダ(S・190円 / M・380円 / L・760円)

ちなみに、レストランでいただいたデリの中で、筆者と息子の一番のお気に入りだった写真の「ローステッドパンプキンサラダ」をテイクアウト。
オーブンで丸ごと40分かけてローストしたかぼちゃに、キャラメリゼしたアーモンドとくるみ、クリームチーズで和えたサラダで、かぼちゃのしっかりした甘みとナッツ類の食感がたまらない一品。自宅での夕飯時に、「これは美味しい!」とパパも大喜びでした。

葉山グッドストックの工房スペース

店内には工房スペースもあり、ここで村上さんの料理教室、山本さんのワインやティーセミナーも計画しているそう。取材時も、惜しみなくさまざまなことを語ってくれたお二人の話がもっと聞けるのであれば、これは筆者もぜひ参加したい!

葉山・グッドストックのレストランテーブル席

村上さんが作る美味しい料理と笑顔が溢れる食卓。まずは体験しに、ぜひ足を運んでみてください。キッチンの奥から、村上さんがニコニコしながら出迎えてくれますよ。


ライター
ライター:jpbanana
家族は夫・息子・犬一匹。東京→逗子生活も10年以上経過。海で泳ぎ、川で魚を探し、緑の中で虫採り。これからも子どもと一緒に楽しい発見をして、たくさんのママとシェアできたら嬉しいな。
湘南のテイクアウト情報
湘南の美味しいお土産

おすすめ記事

  1. 本鵠沼の一軒家カフェ『K-cafe』で、ママと子ども一緒に楽しい時間を過ごそう

  2. 辻堂のサラダ専門店「ベリーベジー」

    辻堂に移転!『Very Veggy-SALAD WORKS-』は”主役は野菜”のサラダ専門店

  3. バレンタインに贈りたい!湘南で人気のチョコレート11選

    2021年バレンタインに贈りたい!湘南で人気のチョコレート11選

  4. 葉山・アーセンプレイス

    葉山・湘南国際村『アーセンプレイス』は、愛犬と一緒にのんびりできるカフェ

  5. 辻堂・オキナショクドウ

    ママ&赤ちゃんに優しい!辻堂『オキナショクドウ』で身体に嬉しい養生ランチ

  6. 茅ヶ崎・レンタルスペース&カフェ『Holiday Village(ホリデービレッジ)』の外観

    茅ヶ崎のレンタルスペース&カフェ『Holiday Village(ホリデービレッジ)』で親子の時間を!