自然と向き合う葉山『TIDE POOL(タイド・プール)』は学童を超えた学童!生き抜く力を身に付けるための魅力的なクラスの数々

美しい海と山々に囲まれた葉山エリアで、自然とともに生き抜く力を養っていく。
湘南を中心に幅広いエリアから子どもたちが通う『TIDE POOL(タイド・プール)』では、今日も子どもたちがそれぞれの目標に挑戦しています。

屋内で過ごすだけじゃない、積極的に自然と触れ合う時間を子どもたちに提供すべく発足した、新しい形の学童『TIDE POOL』。
葉山の自然を遊び尽くすことで、子どもたちにとってかけがえのない思い出になると同時に、社会を生き抜く力を養うためのコースに込められた想いを取材しました。

自然と向き合う子どもたちが集う場所、葉山『TIDE POOL』

プールでの様子

「葉山にはこんなに美しい自然があるのに、放課後に屋内だけで過ごす学童ではもったいない」

遊び盛りの子どもたちに葉山の自然を通して健やかに育って欲しいという願いから新しい形の学童として『TIDE POOL』は生まれました。
小学1〜3年生を中心に、小学6年生までの幅広い学年の子どもたちが通っており、午前11時〜午後8時の間で子どもたちは自由に過ごすことができます。
放課後の学童の時間までは早めに来た子どもたちは宿題をしたり、それぞれ自由に遊んだりと、まるでおばあちゃんの家に遊びにきたような雰囲気です。

子どもたちも鎌倉から横須賀まで幅広いエリアから通っており、近隣の小学校から『TIDE POOL』への送迎も行われています。

エネルギーの源となる、『TIDE POOL』のおやつ

『TIDE POOL』では午後4時になると手作りのおやつが出てくるのですが、このおやつがすごいんです。

おやつと聞いてマフィンやクッキーかと思いきや、ホットドッグやオムライスなど「おやつ」として出てくるモノが驚きのボリューム。

スタッフの下地さんになぜこんなにおやつに力を入れているのか聞いてみました。

「運動が多いのでしっかりエネルギー補給するために、かなりしっかりとしたおやつを出しています。もちろん夕飯もそれぞれの家でちゃんと食べられるように量は調整していて、おかわりの回数も決まっています。食べるものがそのまま子どもたちの身体を作るので、手作りにはこだわり、みんなでおやつを食べる団欒の時間を大切にしています。」

子どもたちが「ただいま」と言って帰って来られるような、その雰囲気はまさに第二の家。くつろぎスペースにはみんなの人気者、黒柴犬のナイト君もくつろいでいました。

アレルギーの子にも配慮されている『TIDE POOL』の安全な手作りおやつでは、葉山のひじき、わかめ、じゃがいもなど地産地消にも力を入れているのだとか。

『TIDE POOL』のおやつが続々とアップされる専用のInstagramを見ると、その豊富なおやつの種類に驚くはずです。

月曜日は想像したものを創り出す、かたちコース

かたちコースの様子

かたちコースでは、代表である今村さんの管理する「星山」で採れる竹を使ってイカダプロジェクトなどが行われています。
このコースでは子どもたち一人一人が頭の中に思い描くもの、そして全員が思い描くものをカタチにしていきます。

最初に発注書という形でお題が出され、プロジェクトを形にしていくために子どもたちはそれぞれ役割分担を実践的に行なっていきます。まるで実際の仕事のように本格的な流れなんですよ。

かたちコースの様子

例えばイカダ作りなら、長さを図る人、材料を切る人など役割分担をしてそれぞれが自分の目的を達成していきます。
最後はみんなで一丸となって作ったイカダを実際に海に浮かべるところまで、一つのプロジェクトになっています。

火曜日は自分を深く表現する、じぶんコース

じぶんコースの様子

じぶんコースではその名の通り、「自分は何者なのか、人間とは何なのか」などを問い、一人一人がその答えを考えるクラスです。
自分を知っていく過程で、自分の内にあるものを表現するための方法も学んでいきます。

じぶんコースの様子

歌うことや絵を描くことをはじめとした表現力も同時に磨いていくことで、内なる感情や自分自身を人に伝え表現する方法を学びます。

水曜日は今生きている地球や文化を知る、せかいコース

せかいコースの様子

せかいコースでは自然としての地球だけでなく、世界の文化を理解するための学びの場が用意されています。
さまざまな国の言葉に触れると同時に、その国の文化でもある料理を実際に作って食べてみるなど五感で各国の文化に触れていきます。
例えば2月は中国の旧正月ということで、水餃子を皮から作って食べたそうですよ。

せかいコースの様子

また、もちろんせかいコースでも葉山のフィールドが存分に活かされており、葉山でネパール人オーナーが経営するレストランに足を運んでインタビューをするなどといったコミュニケーション重視の学びも行われています。

木・金曜日は自然と向き合い体力を育む、しぜんコース

しぜんコースの様子

しぜんコースでは基礎体力の向上のために体を使ったアクティビティを行います。「ただ自然の中で遊ぶだけではなく、自然の中で過ごす時間を通して人間と自然との適切な距離感を身につけて欲しい」と代表の今村さんは話しています。

自然と人との間には適切な距離があり、その距離を間違えると怪我をしたり、最悪の場合は死に至ることもある事実を知ってほしいという想いから、自然の楽しさや怖さを日々子どもたちはコースを通して学んでいきます。

しぜんコースの様子

そしてしぜんコースで今村さんが子どもたちに伝えたいもう一つのメッセージ、それが「自分の身を自分で守る大切さ」です。

『TIDE POOL』が掲げる「生き抜く力」という言葉には、自然の中で死なないように身を守る術という意味だけではなく、子どもたちが社会に出た時に自分の心をストレスや理不尽から守れるような力を養って欲しいという願いが込められています。

家族と子どもがもっと楽しく過ごせるように、『TIDE POOL』の想い

今村さんとこどもたち

『TIDE POOL』では上記のクラス以外にも遠足のように葉山を飛び出すアクティビティが用意されています。
犬ぞりの専門家の下で実際に犬ぞりに乗ってみたり、サーカス学校でプロの演じるパフォーマンスを鑑賞してから実際にジャグリング体験をしたりと、どれも普段の生活では出来ないような経験ばかり。

多種多様な生き方をする人々と触れ合う中で「こんな生き方も出来るんだ」と子どもたちに知ってもらいたいと今村さんは話します。

TIDE-POOL

「強さと優しさ、そして生き抜く力」を養うためのすべてが、ここ『TIDE POOL』にはありました。

最後に、今村さんからメッセージを頂きました。

「体験はいつでも行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。親子で過ごす時間がより充実するように、親御さんが子どもを愛するが故になかなか子どもにさせることができない新しい体験を『TIDE POOL』で安心して経験してもらえたらと思います!」

葉山の自然の中で、今日も子どもたちは『TIDE POOL』と共に成長しています。

基本情報

住所 〒240-0116 神奈川県三浦郡葉山町下山口1535
電話 046-877-0650
受付時間 11:00〜19:30(土日祝休)
E-mail info@tidepool.jp
HP http://www.tidepool.jp/

地図

ライター

ライター:Michel
クリスタルマジシャンMichelとして全国でイベント出演をこなす傍ら、故郷湘南の魅力を発信するライターとしても鎌倉江ノ島を行ったり来たり。自然と天然石とハンモックの上をこよなく愛する、マイペースな湘南ボーイ。

関連記事

  1. PAL-BALL CLASSIC

    鵠沼海岸で習い事ならここ! 『PAL-BALL CLASSIC』で潮風を感じながらお子さまの体力を育もう!

  2. 親子での参加者

    ママ・ヨガがなんとワンコイン!『ダンススタジオ マリソル』で、産後の身体を楽しく鍛えよう!

  3. 逗子『SUPREME 柔術アカデミー』で幼児から学べるブラジリアン柔術を体験!

  4. 教室の様子

    辻堂『Rock&Wall(ロックアンドウォール)』ボルダリングジムは、親子で楽しめる工夫が満載!親子で異なるレベルの課題を一緒に楽しもう!

  5. おててとおててのコミュニケーション『ベビーサイン』で、赤ちゃんとの意思疎通を楽しもう!

  6. 寺西恵さん

    moana People vol.3~Hulaインストラクター 寺西恵さん 気軽に楽しむフィットネスフラとは?