ベビーにも優しい『藤沢ブルーベリーファーム』で、ブルーベリー狩りを満喫!

6/10(月)~7/19(金)の平日は、特別価格で体験可能!

藤沢市の北部、綾瀬市との市境にある『藤沢ブルーベリーファーム』は、子どもと一緒にブルーベリー狩りが楽しめる観光農園。2024年度は6月8日(土)から、ブルーベリー狩りが始まります。
※実の生育状況によって前後する可能性があります

藤沢ブルーベリーファームの看板

樹々が生い茂る一本道に現れる紫色の看板が『藤沢ブルーベリーファーム』の目印。「本当にここは藤沢市⁉」と疑うほど、周囲には牧歌的な風景が広がります。

ブルーベリー農園

一歩足を踏み入れると、広大なブルーベリー農園が目の前に!約8,000平米を誇る農園には、39種のブルーベリーの木が約1,900株もあり、関東最大級の規模を誇ります。
ここ『藤沢ブルーベリーファーム』では6月中旬から8月末までの間、ブルーベリー狩りを楽しむことができます。しかも摘みたてのブルーベリーが存分に味わえるだけでなく、子どもが一日楽しめる秘密がいっぱい!3歳以下のお子さんは無料で体験ができるのは、ママやパパにとっても嬉しいですね。
今回は『藤沢ブルーベリーファーム』の魅力をご紹介します。

時期によって異なる品種のブルーベリーが楽しめる!

39種類ものブルーベリーの木がある『藤沢ブルーベリーファーム』。6月上旬から7月下旬までは寒冷地に適したハイブッシュ系、7月下旬から8月下旬までは暖地に向いたラビットアイ系のブルーベリーが食べ頃を迎えます。

藤沢ブルーベリー農園の農園長

「ブルーベリーは品種によって全く味が違います」と語るのは、『藤沢ブルーベリーファーム』の農園長・山口 忠さん。こちらのブルーベリー狩りでは、様々な特長を持つ完熟ブルーベリーを常時5種類以上、お腹いっぱい楽しむことができます。

鉢に記載されたブルーベリーの品種

品種名は鉢ごとに記載

『藤沢ブルーベリーファーム』では、いろいろな品種のブルーベリーの木をあえてランダムに配置。そのため、簡単に異なる品種のブルーベリーの食べ比べができそうですよ。

ブルーベリーの実にあるブルーム

ちなみに白く見えるのは、農薬ではないのでご安心を。これは熟した新鮮な果実に見られる「ブルーム」と呼ばれる、果実から自然に分泌される天然の物質。つまり、鮮度の証なのです。



6/10(月)~7/19(金)の平日は、特別価格で体験可能!

ブルーベリー狩りは90分のコースと時間無制限コースの2種類。農園内には子どもが遊べるキッズエリアやエアコンが完備された休憩所もあるので、無制限コースで一日ブルーベリー狩りを楽しむのもおすすめです。
ブルーベリー農園に向かう子どもたち

遊び足りない、食べ足りない場合は、追加料金を払えば後から無制限コースに変更することも可能。3歳以下のお子さんは、無料で体験できるのは嬉しいですね。また2024年6月10日(月)から7月19日(金)までの平日は、特別価格でブルーベリー狩りが楽しめますよ。

ブルーベリー狩り料金表

90分
食べ放題コース
大人(中学生以上) 2,500円 小学生 1,650円 幼児(4歳以上) 550円 3歳以下無料
時間無制限
食べ放題コース
大人(中学生以上) 2,700円 小学生 1,800円 幼児(4歳以上) 650円 3歳以下無料
※時間無制限は混雑状況によりご案内が難しい場合があります
7月19日(金)まで
平日特別価格
【特別価格】大人(中学生以上) 2,200円 小学生 1,500円 幼児(4歳以上) 500円 3歳以下無料

地面には防草シートが張られているので、足元が汚れる心配もなし。雨降りでも泥汚れを気にせず、ブルーベリー狩りをすることができます。

ブルーベリーを収穫する子ども

農薬を控えているため、そのまま食べても安心

『藤沢ブルーベリーファーム』では、なるべく農薬を使わずにブルーベリーを栽培。そのため、洗わなくても安心して食べることができます。
しかし農薬を控えているが故に、虫がいることも。心配な方は長袖を着用、もしくは虫よけスプレーの使用をおすすめします。

当日食べられるブルーベリーの品種

当日食べられる品種は、入り口に掲示。この日食べられるのは、8種類。農園の奥から早く食べ頃を迎える品種が並ぶので、今回は一番奥のエリアへと進みます。

完熟ブルーベリー

ここで、美味しいブルーベリーの見つけ方を伝授!
完熟ブルーベリーを見つけるコツは、枝の色にあります。緑色の枝の個所が、赤く染まっていると完熟の印。食べごろのブルーベリーを見つけるには、枝の色に注目です。

完熟ブルーベリーを頬張る子ども

山口農園長に完熟ブルーベリーを教えてもらって、パクり!
異なる品種のブルーベリーを一粒ずつ食べ比べるのも一興ですが、山口農園長がもっと美味しい食べ方を特別に教えてくれました。

ブルーベリーファームの山口農園長

「いろいろな品種のブルーベリーを摘んで、いっぺんに味わうのがおすすめ」と、山口農園長。高い所の実、低い所の実、といろいろな高さの実を混ぜるのも、ブルーベリーを美味しく食べるコツなのだとか。

収穫した完熟ブルーベリー

完熟したブルーベリーを手にいっぱい摘んで、いっぺんにいただき!甘みが強い粒、ちょっと酸っぱい粒。いろいろな味わいが口の中で混ざり合い、一粒で食べるよりもさらに濃厚な美味しさを楽しむことができました。

ブルーベリー収穫する子ども

子どもでも手が届きやすい高さに実がなるので、お子さんでも自由にブルーベリーを摘むことができます。食べ比べをする中で「オニールが美味しい!」と、お気に入りの品種を見つける子どもも!木によって異なるブルーベリーの味を、子どもも満喫しているようでした。

大粒ブルーベリー

500円玉くらいの大きさの、大粒ブルーベリーに出会えることも!ぜひ、探してみてくださいね。

ブルーベリーの木の迷路

農園の入り口近くには、ブルーベリーの木でつくられた大きな迷路が。ブルーベリーを食べながら、迷路を楽しむことができます。梅雨明けごろから、食べごろを迎える木が増えるのだとか。
取材日は食べごろの実はまだまばらでしたが、宝探しのように完熟ブルーベリーを見つけ出すのも楽しかったです。

収穫したブルーベリーが沢山入ったバケツ

摘んだブルーベリーは量り売りも可能。お土産にもおすすめですよ。


ブランコにトランポリン、水遊び‥‥キッズエリアも充実!

『藤沢ブルーベリーファーム』のブルーベリー狩りでは、摘みたての完熟ブルーベリーが楽しめるのはもちろんですが、子どもが楽しめる施設が充実。ブルーベリー狩りをする場合、キッズエリアを無料で利用することができます。

藤沢ブルーベリーファームのキッズエリア

農園の入り口近くにあるキッズエリアには、滑り台やブランコの複合遊具や砂場が。農園に入るや否や、「わー!楽しそう!!遊びたい!!」子どもたちは大興奮!

キッズエリアの滑り台

滑り台をしたり…。

お店屋さんごっこで遊ぶ子どもたち

お店屋さんごっこをしたり…。子どもたちのテンションはアップ!

クルマの遊具で遊ぶ子どもたち

こちらのクルマも、子どもたちに大人気!みんなで譲り合って遊びます。

キッズエリアのトランポリン

複合遊具の近くには、トランポリンも!ネットで囲まれているので、落下する心配がなく安心ですね。

キッズエリアの砂場遊び

砂場もあるので、小さなお子さんでも楽しく遊ぶことができますよ。

水遊びプールで遊び子ども

梅雨明け以降には、キッズエリアに水遊びエリアが登場!着替える場所もあるので、ぜひ、水着や着替えをお持ちくださいね。

キッチンカーでは、ブルーベリーのスイーツが楽しめる!

『藤沢ブルーベリーファーム』には休憩所があるので、お弁当などの持ち込みはOK!しかし、せっかくならここだけでしか味わえない、ブルーベリーのスイーツを楽しむのがおすすめです。

ブルーベリーファームのキッチンカー

こちらのかわいいキッチンカーでは、ブルーベリーを使ったスイーツや軽食をオーダーすることができます。

ブルーベリーピザ

『藤沢ブルーベリーファーム』で採れたブルーベリーをふんだんに使った「ブルーベリーピザ」は、通年味わえる人気のスイーツ。

ブルーベリーのピザを食べる子ども

ジューシーな果肉と濃厚な味わいのブルーベリーが、絶品!子どもはもちろん大人にも大好評でした。

ブルーベリーのかき氷

つぶつぶのブルーベリージャムとブルーベリーがゴロゴロと入った「かき氷」も、夏におすすめ!氷にはブルーベリージュースがたっぷりかけられ、飲んでも美味しいかき氷です。

農園のブルーベリージャム

『藤沢ブルーベリーファーム』の売店では、農園のブルーベリーを使ったジャムやジュース、アイスクリームなどの販売も。お土産にもおすすめですよ。

赤ちゃん連れに嬉しいサービスも充実!

『藤沢ブルーベリーファーム』は、とにかく施設がキレイ!小さなお子さん連れでも安心です。

藤沢ブルーベリーファームの授乳室

受付近くには、授乳室が。清潔なオムツ替え台や、暑い季節に嬉しい扇風機も用意されています。

藤沢ブルーベリーファームの洋式トイレ

清潔な洋式トイレがあるので、小さなお子さんも安心です。

藤沢ブルーベリーファームの休憩所

そして休憩所がたくさんあるのも『藤沢ブルーベリーファーム』の特長。冷暖房が完備された室内の休憩所もあるので、夏の暑い日でも快適に過ごすことができます。赤ちゃん連れにはありがたい!

ハンモックで遊ぶ子ども

ハンモックでゆらゆら。ブルーベリー狩りの後にゆっくりお昼寝もいいですね。

オフシーズンも『藤沢ブルーベリーファーム』は楽しい!

ブルーベリー狩りが楽しめるのは6月中旬から8月末まで。しかし、それ以外のオフシーズンでも子どもと一緒に楽しむことができるのが『藤沢ブルーベリーファーム』の魅力です。

ブルーベリージャム作りをする子ども

9月から5月末までのオフシーズンには、ブルーベリージャム作り体験を開催。手作りのジャムは砂糖を入れなくても、十分に甘いのだとか。開催日は不定期なので、『藤沢ブルーベリーファーム』の公式SNSをチェック!

ブルーベリーベーグルセット

ブルーベリーベーグルセット

土・日・祝日には、キッチンカーも登場(夏季は毎日)。ブルーベリーピザはもちろん、チーズケーキや軽食の提供も。

ブルーベリー狩りが開催されていない期間は、休憩所やキッズエリアを無料で解放。子どもを遊ばせながら、美味しいブルーベリースイーツをゆっくり楽しむことができます。

四季折々のブルーベリーの木々

『藤沢ブルーベリーファーム』では、四季折々の美しさが堪能できるのも魅力。
秋には、ブルーベリーの木々が紅葉。美しい景色が広がります。

農園近くの花桃の並木道

春には農園近くの道は、花桃の並木道に。菜の花と鮮やかなコントラストを描く風景は、息をのむ美しさだそうです。

この夏は『藤沢ブルーベリーファーム』で一日楽しもう!

ブルーベリーを味わう子どもたち

お腹いっぱい完熟ブルーベリーを満喫し、キッズエリアで思いっきり遊ぶ。子どもも大人も一日楽しめる『藤沢ブルーベリーファーム』は、家族でのお出かけにおすすめです。
この夏の思い出作りに、いかがですか?

「ふじキュン♡」がやって来る!

「キュンとするまち。藤沢」公式マスコットキャラクター「ふじキュン♡」が、『藤沢ブルーベリーファーム』に遊びに来ます!

ブルーベリー農園受付のふじキュン
藤沢ブルーベリー農園のふじキュン

「ふじキュン♡」が遊びに来る日時は、『藤沢ブルーベリーファーム』公式Instagramでご確認ください。


ライター:honobono
夫の転勤であこがれの地、湘南へ。茅ヶ崎在住。湘南の太陽をいっぱい浴びて、美白とは縁遠い生活を満喫中。2023年に保育士資格を取得。湘南で子育てを楽しむヒントを、お母さん目線で提案していきます。
茅ヶ崎子育てインフォメーション
湘南の子ども習い事
湘南の美味しいお土産

おすすめ記事

  1. 葉山のビーサン・ビーチサンダル専門店「げんべい」の親子ビーサン

    葉山『げんべい商店』のビーチサンダルで、夏の足元はキマリ!

  2. 葉山しおさい公園で餌やりする子ども

    『葉山しおさい公園』を、子どもとゆっくり散策しよう!

  3. 新江ノ島水族館

    『新江ノ島水族館』で相模湾や海の生態系を楽しみながら学ぼう!

  4. いすゞプラザ

    藤沢『いすゞプラザ』で、働くクルマを見て触って体験しよう!

  5. お店の様子

    鎌倉『メッゲンドルファー』で、親子で楽しめるしかけ絵本を探しに行こう

  6. 辻堂・ロックアンドウォール

    辻堂『Rock&Wall(ロックアンドウォール)』は、親子で楽しめるボルダリングジム