キッズスペースが広くてかわいい!茅ヶ崎市民文化会館の花屋カフェ『8 CAFE+FLOWER(8カフェ プラス フラワー)』でヘルシーランチを堪能

茅ヶ崎駅から徒歩5分の茅ヶ崎市民文化会館。
茅ヶ崎市はハワイのホノルル市と姉妹都市なので、ハワイに関連したイベントやバレー、コンサートなど多くのイベントが定期的に開催されています。

茅ヶ崎文化会館

今回ご紹介するのは、新しくなった建物の2階に2018年10月にオープンした『8 CAFE+FLOWER(8カフェ プラス フラワー)』。

茅ヶ崎『8カフェ プラスフラワー』のエントランス

キッズスペースが広くてかわいく、子どもと一緒にのんびりとランチが楽しめると評判のカフェです。

茅ヶ崎で人気のお花屋さん『ewalu(エワル)』が運営するカフェ

入口を入ってすぐに出迎えてくれるのは、センスの良さを感じさせる野性的なお花たち。

茅ヶ崎の8カフェを運営する花屋『エワル』

軒先の小さなスペースでお花を販売しているカフェもありますが、『8 CAFE+FLOWER』は茅ヶ崎のお花屋さん『ewalu(エワル)』が運営するカフェ。だからお花の数もこんなに多く、実際に販売しているお花がお店のインテリアになっているところが流石です。

『ewalu』は、雄三通りに本店を構えるオーダーメイドのお花屋さんで、著者もたまたまこの取材の後に花束をお願いしたのですが、想像していた通りの個性的で素敵な花束に仕上げてくれました。

もちろん、お店のお花は買って帰ることもできますよ!
花束は電話などで予約をしておけば、こちらの店舗での受け取りも可能です。

茅ヶ崎の花屋『エワル』のドライフラワー

ドライフラワーのブーケも手頃なお値段で、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

キッズスペースが完備された広くて居心地の良い店内

では、お店の中へ。
大きな窓から差し込む太陽の光も暖かく、とても心地の良い空間です。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のテーブル席

茅ヶ崎市民文化会館の中にあるカフェということもあり、イベント後のちょっとした集まりなどでも使えそうな広いテーブルスペースやくつろぎのソファー席と、どこに座るか迷ってしまいます。店内の至る所からお花が眺められるのも嬉しいです。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のキッズスペース脇テーブル席

お子さんと一緒ならば奥のキッズスペース脇のテーブル席がおススメです。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のキッズスペース

木の香りがする北欧調のキッズハウスは辻堂のハウスビルダー『エンケルヒュースハウスデザイン』さんに作ってもらった本格的な天然木のお家。しかも広い!

オーナーの境はづきさんは、妹さんが育児に追われのんびりとご飯を食べられていない姿を見ていて「これは大変」と思い、「ママさん達が子どもを遊ばせながら、ゆっくりとご飯を食べられる場所を作ろう」と考え、こんなにも完璧なキッズハウスを店内に建てたそうです。

これは子どもにとってまさにドリームハウスじゃないですか!こんなお家だったらしばしママから離れて、遊んでくれそうですね。

茅ヶ崎の良いものを紹介する場所に

“茅ヶ崎応援広報部”を名乗るオーナーの境さんは、商工会議所の青年部のメンバーでもあるそうで、カフェをオープンするにあたり、場所が市民文化会館の中という事も考え“茅ヶ崎発信の良いもの”を紹介する場所にもしたいと思ったそうです。

そこで、店で供される食事の食材や、店内で販売されているものは茅ヶ崎産のものにこだわっていている『8 CAFE+FLOWER』。

気になったものをいくつかご紹介します!

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のコーヒーは稲荷山コーヒー

お店のブレンドコーヒーは『稲荷山コーヒー』のスペシャルティコーヒー。キッチンカーでのイベント出店でしか飲むチャンスがないコーヒーがこの店に来ればいつでも飲めると評判です。水出しのアイスコーヒーもおススメです。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のユニフォーム

スタッフのユニフォームも茅ヶ崎産のこのデニム。オリジナルジーンズショップ『touch is love(タッチ・イズ・ラブ)』のデニムを皆さん履いていました。一本一本手作りと言うこのデニムは、履き込むほどに自分使用の一本に育っていくと評判です。型もきれいで、涙の雫をイメージした刺繍入りのヒップポケットがカワイイ!

この他にも、ピタパンはパンが『B-grotto(ビーグロット)』、ソーセージは『ハム工房ジロー』、アイスは『Plenty’s(プレンティーズ)』 などなど、茅ヶ崎の名店の“おいしい”の数々に出会えるのもこの店に訪れたい理由のひとつです。

ヘルシーで美味しいランチと貴重なのんびりタイムを楽しもう!

店内はキャッシュオンスタイルなので、まずはお店に入ったら中央右側のレジへ。
食べたい物を事前にオーダーして支払いを済ませます。

ママモアナのオススメは「8カフェプレート(1,200円)」。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』の8カフェプレート

お惣菜3種類に日替わりのメイン、旬菜サラダに本日のおみそ汁にご飯が付いてきます。

サラダには辻堂ローカルマーケットの出店でもおなじみな『あまざけ なのか』の甘酒を使ったドレッシングがかかっていて、自然な甘さが際立つとても爽やかな味わいで、新鮮な野菜をよりおいしく食べさせてくれます。メインはハンバーグにしましたが、ビーガンの方向けの肉・魚不使用のメインも随時用意されています。

ワンプレートで野菜がいっぱい食べられるのが嬉しいです。野菜も茅ヶ崎のミニトマト農園『おイシイ農園』を始め、基本的には出来るだけ地産地消を心がけているそうです。

プラス200円でプチデザートが付けられます。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』の白玉あんみつ

この日のデザートは『白玉あんみつ』で蜜は『黒糖茶房』さんの黒蜜を使用。濃厚なのにさっぱりとした甘さでとても美味しかったです。

お子様のメニューとしてはキッズうどん(400円)があります。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』のキッズうどん

うどんならば離乳食時期から食べさせられるので、赤ちゃん用にランチの用意をしないで良いのが助かりますよね。

「店内は赤ちゃん用の離乳食でしたら持ち込みも大丈夫です」とスタッフさん。その際は店員さんにその旨を一言お伝えすることをおススメします。子ども用の椅子も沢山あるので、子どもと一緒に気兼ねなくランチが楽しめますよ。

こちらのスタッフはすべて女性と言うこともあり、女性目線のやさしさが随所に感じられるカフェです。

花に囲まれた癒し空間で子ども一緒にのんびりランチを!

茅ヶ崎駅から歩いてすぐの茅ヶ崎市民文化会館の中にある『8 CAFE+FLOWER(8カフェ プラス フラワー)』。フローリストさんが運営するこのカフェは、センスの良い花たちと窓からの暖かな光に心がフッと緩む癒し空間。ヘルシーで美味しい料理も魅力です。

キッズスペースも充実していますし、同じフロアーのトイレの横には授乳室もあります。

茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』の授乳室
茅ヶ崎のカフェ『8カフェ』の授乳室

お店のある茅ヶ崎市民文化会館の目の前には、茅ヶ崎中央公園があるのでランチ前後に子どもを走らせ、遊ばせる場所にも不自由しません。

茅ヶ崎中央公園

キッズスペース前のエリアは子連れママさんに人気のテーブルなので電話での予約をおススメします。『8 CAFE+FLOWER(8カフェ プラス フラワー)』で、家族やママ友と気兼ねなくヘルシーランチを楽しみましょう!


ライター

ライター:zion_mama
東京の某ラジオ局の広報職を経て、雑誌やフリーペーパーのライターに。鎌倉在住。音楽と美味しいごはんが大好き。子育て中のママ目線で、湘南の遊び方を提案していきます。


ママモアナセレクト

おすすめ記事

  1. 茅ヶ崎 柳島スポーツ公園

    茅ヶ崎『柳島スポーツ公園』で食べて、遊んで、癒されて!

  2. 羊羹ショコラ

    北鎌倉の『Chocolaterie CALVA(ショコラトリー カルヴァ)』で和テイストのショコラをおもたせに!

  3. 辻堂のパン屋『食パン工房 fluffy(フラフィー)』の食パン

    辻堂駅西口『食パン工房 fluffy(フラフィー)』で、体に優しくおいしい食パンを

  4. テラス席

    藤沢の街を見渡す天空カフェ『3+3CAFE(サンタスサンカフェ)』で、心地良い時間を楽しもう!

  5. サバサンド

    江ノ島『Cafe Grand Line(カフェグランドライン)』大迫力の直筆ウォールアートに囲まれて、親子で食事と撮影を楽しもう!

  6. うどんと天ぷらのセット

    乳幼児連れも歓迎の『鎌倉美水』で、厳選素材とこだわり製法のうどんを堪能

  7. アソート

    西鎌倉のフレンチデリ『ニヨンマル』で本格フレンチをお家でリーズナブルに!

  8. 厳選!クリスマスプレゼントにしたい絵本コレクション

  9. 野菜たっぷりの総菜膳

    茅ヶ崎の隠れ家カフェ『105カフェ』でヘルシーランチ!